<パク・クネ大統領の疑惑問題が発覚して以降、国民の厳しい批判を受けてきた与党セヌリ党が危機的状態に突入した。反主流派議員が離党、新党結成を発表。これとは別に国連事務総長を退任するパン・ギムンを代表として新党を結成しようとする動きも出ている>

 パク・クネ大統領の友人チェ・スンシルによる政治介入疑惑に始まった一連の"チェスンシルゲート"の余波は、韓国国会でのパク大統領弾劾決議可決と、それによる職権剥奪を経て、ついに年末にきて与党セヌリ党の分裂騒動にまで発展した。

 MBCなど韓国メディアが報じたところによると、パク大統領を擁する与党セヌリ党から非主流派の議員29名が集団で離党、新党結成を宣言した。この集団離党により、セヌリ党の議席数は99に減って第2党に転落、最大野党「共に民主党」が121で第1党となった。第2野党「国民の党」の議席は38。

 27日午前、セヌリ党のキム・ムソン、ユ・スンミン議員らが記者会見をし、集団で離党を宣言した。宣言文では、親パク派勢力は史上最悪の憲法蹂躙と国政壟断という事態を庇護した、と批判。自由民主主義を守り、社会統合や暖かいコミュニティを実現する新しい保守政党を構築していくとアピールした。ただ、ここ数日来、離党・新党結成に向けてセヌリ党主導部との駆け引きを行っていた非主流派の議員たちだったが、結局離党をしたのは当初予告していた35名から29名に留まる形となった。

 午後には離党した29名に既に離党をしていたキム・ヨンテ議員を加えた30名が、仮称「改革保守新党」という名称で国会の院内交渉団体としての届けも提出。議員総会を開き、院内代表にチュ・ホヨン議員を選出した。

 当初離党に加わる予定だったほかの6名の議員に対しては、今後も説得を行い、来年1月24日に正式に党旗揚げをする予定だ。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部