神話&S.E.S.「2016 MBC歌謡大祭典」で新曲初公開!レジェンド級ステージを予告

写真拡大

「2016 MBC歌謡大祭典」の最終ラインナップが確定した。

第1世代アイドルS.E.S.、神話(SHINHWA) の新曲が初めて公開されると共に“音楽隊長”ハ・ヒョヌのレジェンド級ステージまで繰り広げられる予定だ。今月21日に第1次ラインナップを公開し、関心を集めた“タイムスリップ音楽ショー”コンセプトの「2016 MBC歌謡大祭典」への期待がより一層高まっている。

公開された1次ラインナップにはEXO、少女時代のテヨン、SHINee、INFINITE、防弾少年団、SISTAR、CNBLUE、Apink、B1A4、AOA、B.A.P、EXID、BTOB、VIXX、GOT7、Red Velvet、MAMAMOO、SEVENTEEN、GFRIEND、TWICE、MONSTA X、UP10TION、ハン・ドングン、テ・ジナ、ホン・ジニョンなどが含まれた。

本日(27日) 公開された第2次ラインナップにはレジェンド級歌手らが大勢含まれていた。S.E.S.は2002年以後14年ぶりに3人のメンバーが一緒にニューアルバムを発売し、話題を集めている。2017年1月1日に発売される新曲「Remember」を初公開し、「歌謡大祭典」だけのためのスペシャルステージを準備している。

また、長い間年末の音楽特番に出演しなかった神話も出演することになった。神話も今回の「2016 MBC歌謡大祭典」を通じて13thフルアルバムのタイトル曲「TOUCH」のステージを初めて公開する予定で、たくさんのファンから期待を集めている。

ここに「無限に挑戦」を通じて再結成したTURBOと「覆面歌王」で9連勝を獲得した“うちの町音楽隊長”ハ・ヒョヌまで出演することになり、豪華な顔ぶれが出そろった。

「2016 MBC歌謡大祭典」はキム・ソンジュと少女時代のユナがMCを務め、31日(土) 午後8時55分に一山(イルサン) ドリームセンター、上岩(サンアム) 公開ホール、そしてCOEX前の永東大路(ヨンドンデロ) の特設ステージの3ヶ所をつなぐ中継で生放送される。