OH MY GIRL&ASTRO&UP10TIONら“ライジングスター”6組「2016 KBS歌謡大祝祭」で合同公演を披露

写真拡大

“ライジングスター”アイドル50名が「2016 KBS歌謡大祝祭」でスペシャル合同公演を繰り広げる。

「KBS歌謡大祝祭」側は、29日に放送される「2016 KBS歌謡大祝祭」にて、2016年を輝かせたライジングスターの合同ステージを準備したと述べた。OH MY GIRL、LABOUM、UP10TION、宇宙少女、ASTRO、NCT DREAMの6チームを2017年が期待される“ライジングスター”に選び、特別な公演を準備したというもの。

OH MY GIRLは2015年にデビューしたガールズグループで、今夏、第1世代のガールズグループPapayaのヒット曲「Listen to me」をリメイクし、爽やかで清涼感あふれる魅力を見せ注目を浴びた。同じく2015年にデビューしたLABOUMは“次世代のヘリ”と呼ばれるソルビンが属するグループで、先日ソルビンはKBS「ミュージックバンク」のMCに抜擢されるなど多方面で活躍を広げ、チームの認知度も上昇している。UP10TIONは2015年度にデビューしたボーイズグループで、新曲「White Night」で迫力あふれるパフォーマンスを見せつけ、熱い反応を引き出している。

宇宙少女、ASTRO、NCT DREAMは、2016年度にデビューした新人グループだ。宇宙少女は中国人メンバーのソンソが“体操アイドル”として人気を集めながら認知度を積み始めたのに続き、今年8月にI.O.Iのメンバーのヨンジョンが合流し、花道が始まったという評価を得ている。ASTROは“顔天才”と呼ばれるチャ・ウヌを筆頭に人気を得て、デビュー1年もたたない新人であるにも関わらず単独ミニコンサートから海外ショーケースまで盛況のうちに開催するなど、異例的な成果を得ている。最後にNCT DREAMは平均年齢15.6歳の少年グループで、可愛くハツラツとした魅力を見せ“国民の弟”の座を狙っている期待株だ。

「2016 KBS歌謡大祝祭」では、上記の6チームが1つのステージを飾る予定だ。初々しく情熱に満ちた新人アイドルが総出動するだけに「歌謡大祝祭」のステージは新鮮さとトキメキでいっぱいになるものと期待される。ましてや6チームの男女50名が同じ舞台に上がるということで、ダンス映画「ステップ・アップ」、ミュージカルドラマ「glee」ほど華麗でしびれるパフォーマンスが繰り広げられる予定だ。

「2016 KBS歌謡大祝祭」はパク・ボゴム、AOAのソリョンが進行を務め、韓国で29日午後8時30分から第1部と第2部に分け合計220分間放送される。