“子役出身”キム・ユジョン、ストレス性ショックで入院…態度議論後のニュースに心配の声

写真拡大

女優キム・ユジョンがストレス性ショックで入院している。

キム・ユジョン側は27日、OSENとの取材で「キム・ユジョンが昨日(26日) 映画試写会が終わった後帰宅したが、その後ストレス性ショックで病院に入院した」と伝えた。

また「最近調子が良くなかったことに加え、議論もあったので精神的に辛かったようだ。今後の状況を見守らなければならないと思う」とつけ加えた。

これに先立ちキム・ユジョンは21日、香港でのハードなスケジュールをこなして入国し、風邪のため22日のスケジュールを全面キャンセルした。

また、ネット上ではキム・ユジョンが舞台挨拶中に片足に重心をかけて立ったり、自身の爪を見たりするなど、やや散漫な姿を見せたとの指摘が浮上し、これに対してキム・ユジョン側は「態度に関する問題点をすべて認識している。失望させて申し訳ない」と謝罪した。

態度議論に続く入院のニュースに心配の声が上がっている。