▽FC町田ゼルビアは27日、育成型期限付き移籍で加入していたサンフレッチェ広島所属のDF大谷尚輝(21)の期間延長を発表している。期間は、2017年2月1日から2018年1月31日までとなっており、期間中は当該間の公式戦では出場できない。

▽広島県出身の大田には、2014年に広島ユースよりトップチームに昇格を果たした。また、ユース時代には、2種登録選手としてトップチームに所属していた。2015年のロアッソ熊本への期限付き移籍を経て、今シーズンは9月から期限付き移籍で町田に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグに6試合出場している。

▽期限付き移籍期間の延長が決定した大谷は、両クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

◆FC町田ゼルビア

「来シーズンも町田でプレーすることに決めました。昨シーズンの残り少ない時期に加入しましたが、自分を成長させてくれたと思いますし、自分を必要としてくれた町田のために闘いたいと思って決断しました。2017シーズンも応援をよろしくお願い致します」

◆サンフレッチェ広島

「2017シーズンは町田でプレーすることに決めました。町田で多くの試合に出場して、成長した姿を見せられるように頑張りますので、今後も応援よろしくお願いいたします」