パズル「不思議の国のアリス」絵師・SHUが展示会を開催 画家デビュー10周年

写真拡大

 人気ジグソーパズル「不思議の国のアリス」シリーズのCGアート作家・SHUの展示会が、銀座かねまつ銀座6丁目本店にて1月7日から開催されます。同氏は、2017年で画家でデビュー10周年を迎えます。

【関連:ヒルトン東京の「アリスからの招待状」ハロウィン企画が本気すぎる】

Alice Memories

 SHUは広島県広島市出身の1972年生まれ。1991年に広島経済大学在学中パステルによる人物画を描き始め、1996年にゲーム会社に入社し、ゲームグラフィックを担当。2004年に作家「SHU」として独立。その後、アップルワンよりいくつものジグソーパズルを発売しています。2007年には「誕生色〜12の輪廻物語」にて版画デビュー。

 SHUの人気を押し上げた「Dear Alice」を1作目とする「不思議の国のアリス」シリーズでは、原作設定や制作過程の資料を読み込み自分なりの理由づけをして表現しています。

 例えば、アリスのドレスの色は今やブルーが定番ですが、条件反射的にブルーを採用するのではなく原作イラストでは「黄色いドレスだった」という点に着目。しかし原作者であるキャロルが承認したアリスのビスケット缶には「ブルーのドレスのアリス」が描かれていたことから、「キャロルが認めたのなら、やはりブルーで描こう」と判断するなど描く上での理由を一つ一つ設定しているそうです。長年のアリスファンをも唸らせる工夫が施されています。
 なお、アリスシリーズは全10点で第一章が完結。現在は第二章が進行中です。

 そして、つい最近では、版画やパズルでの活躍に留まらずバーチャルアイドル「初音ミク」をSHU風に3D立体化した「SHUミク」を動かすプロジェクトに参画。ライブの他、ニコニコ動画などでも作品を発表し活動の幅を一層広げています。

 今回開催される展示会では、「不思議の国のアリス」シリーズの版画の他、デビュー作品 「誕生色〜12の輪廻物語」に、気高く艶やかな花魁を描いた「愛染栞 -あいぜんしおり-」など多数の作品を展示。それぞれのキャラクターはSHUの特徴ともいえるスーパードルフィーのような美しい表情で描かれており、見るものを思わず引き込む魅力を放っています。なお展示される全版画約60点のうち一部を除き購入可能だそうです。

 そして1月8日・9日にはSHU本人が来場し、9日はトークショウを開催。来場特典として先着順にて1人1つ「SHUオリジナル2017年ポスターカレンダー」がプレゼントされます。カレンダーは無くなり次第終了となります。

 「SHU全版画展 〜SHUの 描くファンタジー物語〜」開催期間は1月7日〜9日の3日間。入場料・トークショウの観覧ともに無料です。

Alice Vignetteraindrops
愛染栞 -あいぜんしおり-零花

(C)SHU