自然の飼料で育った臭みのない若鶏は脂が甘く、程よく締まった身のプリプリとした弾力が味わえる。

写真拡大

全国で約770店舗の飲食店を展開する株式会社大庄は、飲食店激戦区の東京で肉好き100名以上が行列をつくり話題となった連日満員の「羊肉酒場 悟大」を12月26日(月)、「宮崎産の旨い鳥 とり家ゑび寿」を27日(火)に、静岡県三島市三島広小路駅前にて2日連続でオープンする。

【画像を見る】「とり家 ゑび寿」他店舗オープン時の賑わい

ゑび寿は、宮崎県から空輸で届く超新鮮で貴重な若鶏肉を、本場宮崎で食すように豪快に炙り焼きにして提供する安くて旨い若鶏焼き専門店だ。宮崎の温暖な気候のなか、霧島連山からの霧島裂罅水(きりしまれっかすい)と呼ばれるミネラルたっぷりの天然地下水を飲み、自然の飼料で育った臭みのない「若鶏」の脂は甘く、みずみずしく程よく締まった身はプリプリとした弾力が味わえる。“おすすめ部位”6種が盛り合わされた「ミックス焼き」(680円)や、もも丸ごと1本を豪快に焼き上げた「骨付きもも焼き」(税抜680円)、希少なVチキンをカリッとスパイシーな唐揚げにした「勝利の唐揚げ」(税抜420円)がイチオシメニューだ。ガンガン肉を食べてガブガブ吞める、そんな大衆的な安くて旨い肉酒場となっている。

今回、両店の静岡初出店を記念し、オープン日の1日限定で27日(火)はゑび寿で、絶品肉料理、ドリンクメニュー「全品半額セール」を実施。どちらの店もひとり気軽に立ち寄るもよし、家族で食事を楽しむもよし、同僚や先輩・後輩と二人で語らうもよし、職場や大学の仲間たちと大人数でワイワイするもよし!年の瀬はガツンとジューシーな絶品肉料理に舌鼓してはいかがだろう。【ウォーカープラス編集部/コダマタイチ】