ソンジュンが女子の恋したいモードをオンにする! ― 「カフェ・アントワーヌの秘密」鑑賞コラム Vol.1

写真拡大 (全5枚)

ソンジュンが恋したいモードをオンにする!
「カフェ・アントワーヌの秘密」の魅力を探る!

ソンジュンを見るたび、「こんな彼氏がいたらいいなぁ」と思う。クレバーさを漂わせる甘いルックスは目の保養になるし、187cmのスタイルはなんだか頼りがいがあって素敵。ハスキーな低音ボイスは、電話越しに聞いたらとろけちゃう、なんて思ったりして。「抱きしめたい〜ロマンスが必要〜」の一途で優しい年下男子も、「恋愛の発見」でのすべてを包み込む白衣男子も、もちろんキャラクター自体素敵なのだが、ソンジュンが演じると不思議とその言動が現実感を帯びる。ラブコメキングと呼ばれる所以は、そんな生々しさを持って、乙女たちに「こんな男子と恋したい!」と思わせるからではないか。そう。ソンジュンは、女の子たちの心にある“恋する気持ち”をうずかせる俳優なのだ。

ソンジュン「俺、今恋した?」的な顔が、たまらない!

そんなソンジュンの魅力をたっぷりと感じられる最高傑作が「カフェ・アントワーヌの秘密」だ。ソンジュン演じるスヒョンは、母親のトラウマから愛を信じることができない心理学者。基本的にはスマートでクールな男だが、負けず嫌いだったり、1人の時に感情を爆発させたりする子供っぽいところもある、憎めないキャラクターだ。物語は、スヒョンが「愛なんて感情はない」という仮説を証明するため、ハン・イェスル演じるヘリムを被験者とした心理実験をするところから始まる。スヒョンを含む3人のタイプの違う男子がヘリムの心をゲットすべく、あの手この手を使って誘惑するが、中でもスヒョンのツンデレアプローチがすごい。赤いバラの中に青いバラを忍ばせて、今日は10本、次の日は9本…と意味深なカウントダウンをして期待をさせたかと思えば、映画に誘っておいてすっぽかす。もちろんそれは全て計算で、ヘリムが心を揺さぶられると、作戦成功とでも言いたげに、してやったりという顔をする。片方の口角をあげてニヤリとする表情は、ソンジュンの得意顔。にくいけど、かっこいい。

そんなこんなしているうちに、スヒョンはなぜかヘリムのことを本気で好きになってしまう。だが、感情を受け入れられず、葛藤したり悶絶したり、ドギマギしたり、「恋愛感情はドーパミンのイタズラだ」と言ってもがいたり。普段クールな男がてんぱっている姿ほどそそられるものはない。ソンジュンはそんな“へなちょこ”な姿も、表現力豊かに演じてしまうのだ。極めつけは、スヒョンがヘリムの口についた豚足のソースをとってあげた瞬間、あっけなく完オチしたときの“はっと顔”。「俺、今恋した?」的な顔が、なんともたまらなくかわいいのだ。

“高身長女子の上目遣いしたい願望”も満たすキス!

今作ではキスシーンが何度も出てくるのだが、ソンジュンは期待通り、想像力を掻き立てるキスをしてくれる。(セルDVD版の) 第7話では「僕が君のことを好きだということを当てられなかったね」と言いながら、キスするサプライズ。高身長ゆえ、168cmのハン・イェスルがヒールを履いていてもまだ余裕で、“高身長女子の上目遣いしたい願望”を叶えてくれる。第9話でのソファでの生々しいキスは、2人が感じているであろう熱い感情が伝わってきて、恋愛細胞がズンズンうずいてしまう。かくして、話数を重ねるたび、自分の中に「恋したい!」感情があふれ出てきて、どうにもこうにも止まらなくなってしまうのである。恋したいモードをオンにする俳優ソンジュン、おそるべし!

ライター:酒井美絵子

■リリース情報
「カフェ・アントワーヌの秘密」

DVD-SET1 好評発売中※レンタルDVD Vol.1〜6 レンタル中
DVD-SET2 1月6日(金) 発売※レンタルDVD Vol.7〜13 同時リリース
価格:15,200円+税

【発売・販売】NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式サイト:http://kandera.jp/sp/antoine/
(C)JTBCco.,Ltdallrightsreserved
原題:MadameAntoine:TheLoveTherapist