これまでサッカー日本代表、オリンピック代表、ユース代表の監督やコーチをつとめた山本昌邦氏【写真:編集部】

写真拡大

技術、戦術、体力が満点でも「0」点になる可能性も―

「一流選手に共通するのは、高い目標を持ち、負けず嫌い。そして、常にチャレンジをする気持ちを持っていること」

 これまでサッカー日本代表、オリンピック代表、ユース代表の監督やコーチとして、中田英寿、中村俊輔(横浜FM)、大久保嘉人(川崎)らを指導してきた山本昌邦氏。今月14日、大塚製薬が主催する『ポカリスエット エールと、ともに。ブカツ応援キャラバン』の一環として鳥取県の私立米子北高等学校を訪問し、全校生徒に向けて講演。第95回全国高校選手権出場を決めたサッカー部を筆頭に、野球部、アーチェリー部など全国大会出場経験を誇る運動部を擁する同校で、「一流の選手論」を説いた。

「過去“天才”と言われる選手を何百人と観てきた。しかし、技術、戦術、体力、すべてが10点でも気持ちが0では10×10×10×0=0の選手になってしまう。ミスすれば他の選手や審判のせいにする、自分が苦しくなると諦めるようなメンタルの持ち主では、いくら才能があっても一流になれない」

 そう語る山本氏は、高校までは無名に近く、指定校推薦で入学した大学のサッカー部でFC東京の目に止まった長友、Jリーグ下部組織で力を認められなかった時期を経て、小学生時代からの夢だったセリエAでのプレーを実現させた本田の名を挙げた。

「人はみじめな思いをしたり苦しかったりする時こそ力が伸びる。正直、彼らよりもドリブルがうまい、センスがある選手は何千倍もいた。でも彼らがトップで生き残っているのは“いつか見ていろ”と諦めない気持ち、チャレンジする心があったから。一流になれるか否かの根本には、必ずメンタルの強さがある」

高い目標には「犠牲」つきもの

 また自発的に高い目標を持つことで備わる、モチベーションの高さの重要性も説く。

「友達と遊びたい、テレビゲームもしたい、練習もサボりたい、でも世界一になりたい。それは無理な注文です。高い目標を目指そうとすれば、犠牲になるものも出てくる。だから人に言われたことをやっているだけでは、疲れるし面白くないのは当然です。しかし、自分の意志で決めたことであれば、どんな努力も苦痛に感じないし、むしろ楽しんでできる。

 例えば中田は練習でクタクタになりながらも、寝る時間を削ってイタリア語の勉強をしていた。俊輔は試合の映像を(例えるならば)テープが擦り切れるほど繰り返し見ては実際に蹴る、を繰り返し研究していた。彼らには覚悟を決めて目指す高い目標があり、それに向かって無駄な時間は削り、努力を続けていたのです」

 メンタル面では、育成の段階での家族の関わり方も重要、と山本氏。

「育成の段階ではトレーニングやチーム内の競争のレベルが上がると、子どもが試合に出られない時が必ず出てくる。その時の親や周囲の人の関わり方が、後の子どものスポーツへの取り組みにものすごく影響します。

“試合には出られなかったけれど、頑張って練習してきたよね”“前よりもうまくなってるんじゃない”と声をかけることが大切。子どもたちはチームや先生だけでなく、親や周りの関わりがあって伸びていくので、そういう面にも着目することが必要でしょう」

長島恭子●文 text by Kyoko Nagashima
編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビュー、健康・ダイエット・トレーニング・ヨガを軸に雑誌、WEBでの執筆や、ムック、単行本を企画・制作。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)など。