写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイ・グリッド・ソリューションズは12月27日、電気代が高騰する「冬」をテーマとした調査結果を発表した。調査は12月、年代・性別・地域別に冬の電気代について計400人を対象に行われた。

通常の電気料金別にどの時間帯に暖房を使用しているかを質問したところ、「一日中つけている」と回答した人の率が高ければ高いほど、通常の電気料金が高い結果に。また、電気料金関係なく、女性の3割が暖房を「一日中つけている」と回答したのに対し、男性はその半分の17%にとどまった。

また全体でみると、通常の電気代は平均6,000円〜1万円なのに対し、冬の電気代は平均1万1,000円〜1万5,000円となり、どの世帯も人数関係なく、電気代が5,000円程高騰していた。

これまでの電気代で過去最高額を質問したところ、42.3%の人が1万1,000円〜1万5,000円と回答。また、 2万円以上と回答した人は全体の27.7%となり、3人に1人が月に2万円もの電気代を払った経験があることが分かった。2万円以上と回答した人の中には、「5万円」という人もいた。