目標を立てやすい年末に、気持ちの切り替えがうまくできる年始、このいいタイミングで金運を上げてみませんか?
お財布は年末年始に新しくする方が多いです。お気に入りのお財布なら数年に一度でもいいですが、変えるタイミングとしては新年や自分の誕生日がいいと言われています。今回はもうすぐ新年をむかえるため、新しいお財布を検討している方も今までのお財布を愛用する予定の方も「お金に愛されるお財布」に改善する方法をお伝えしていきます。

お金の溜まるお財布の選び方

1…居心地がよい長財布

私たち人間でさえ、狭い部屋に体を丸めて膝を曲げて過ごしていたら窮屈に感じますし疲れますよね。お札だって同じです。のびのびと本来の形のまま過ごさせてあげるのが理想なので、長財布がおすすめです。
とはいえ、今年は小ぶりバッグの流行などで二つ折り財布にしている方も多いと思います。私は普段は長財布ですが、パーティーなどで小ぶりのバッグにする日は二つ折り財布にしています。

2…自分の好きな色やデザイン

お金の溜まるお財布=金や黄色、蛇の皮といったイメージを寄せている方も多いのではないでしょうか。しかしこれらを金運に結びつけるのは早計です。自分が愛着を持て、大切にできる色やデザインがマストです。自分自身が愛せるお財布を持つことが、お金にも愛されるポイントです。

お金に愛されるお財布にしよう!

1…お札ごとと小銭はすべてわける

お財布はお札と小銭は通常わけてありますが、そのなかでもお札は1万円札を入れる部屋、5千円札を入れる部屋、千円札を入れる部屋を作ってあげると同じお札同士がワイワイでき、仲間=お金が寄ってくるお財布になれます。とくに1万円札は特別扱いが好きなので、お財布の仕分けが2つしかない場合、1万円札を優先して部屋を作りましょう。小銭は音玉という言葉もあるように小銭同士、合わさってワイワイするのが好きなのでわけなくて大丈夫です。

2…余計なものは入れない

ポイントカードやレシート、クーポン券などでお財布がパンパンになっていませんか? 私たちが満員電車からすぐにでも脱出したいと思うのと同じく、パンパンなお財布からお金は出て行きたがります。ポイントカードは必要最低限のもののみ、そしてレシートは毎日とり除くようにしましょう。

3…お財布を休ませる

帰宅してソファーでゆっくりくつろぎたい私たち同様、お財布もバッグのなかから解放されたいので、帰宅したらバッグからとり出し簡単に布などで拭き、わかりやすいところに置きましょう。これはまわりの起業家の方がやっている方法で、私もマネし始めました。
お金のお家=お財布を大切に扱う人の元へお金も寄ってきます。

以上が金運アップのポイントですがどれも簡単にとり入れられますよね。さっそく年始に向けて「お金に愛されるお財布」を目指してみましょう。