■履正社・岡田龍生物語(後編)

 1987年の春に岡田龍生が履正社高校野球部の監督になったとき、部員は元陸上部、元卓球部、元体操部の3人を含めた11人だった。専用グラウンドはまだなく(2003年に完成)、練習は放課後の校庭でラグビー部、サッカー部、そして当時あった軟式野球部らと共用で行なっていた。フリーバッティングはほかのクラブが終わった18時半頃から行ない、ほかの時間は空きスペースでキャッチボール、内野ノック、バント練習を徹底した。

 就任2年目からスポーツ推薦で部員を募集できるようになったが、知名度も実績もない履正社に行きたいという生徒は皆無。近隣の中学校やクラブチームを回り、受験してくれるよう関係者を訪ねても対応は素っ気ない。

 それでも何度も顔を出しているうちに岡田の情熱に理解を示す者が出始め、一定レベルの選手が集まるようになった。すると89年秋の大阪大会で、宮田正直(元ダイエー)や中村豊(元阪神など)をはじめ、のちにプロへ進む選手が多数在籍する優勝候補の上宮に勝利。「履正社」の名前が近畿圏内に広まった。

 さらに翌年夏も大阪大会でベスト8入りし注目を集めると、97年夏、ついに大阪を制し甲子園初出場を決めた。体重が60キロにも満たない華奢なエースがひとりで投げ抜き、攻撃の武器はバント。まるで公立校のような戦いぶりでの初制覇は、岡田が東洋大姫路時代に学んだ「徹底することの強さ」を示すものだった。

「飛び抜けた選手はいないし、施設も充実していない。それに学校のバックアップも今ほどではない。それでも大阪で、10年で甲子園に行けた。この経験は僕自身の強みと思っていますし、そのスタートがあるから『何があっても怖くない』という気持ちは常にあります」

 ただ2度目の甲子園までは、それから9年を費やした。この時期、岡田のなかでそれまでの指導法に行き詰まりを感じるようになっていた。厳しく、激しく追い込むことで選手の力を引き出していたが、そのやり方に疑問を抱き始める。

「昔はどこもそういう時代でしたけど、選手にしてみれば試合で相手に勝つか、指導に勝つか。僕も最初はそういう追い込み方をしていました。じつは、大学のときに『やらされる野球じゃダメ。限界がある』と気づいたんです。でも、いざ監督になって、この戦力で勝つには......と考えたら、僕の高校時代と同じことをやっていましたね」

 2002年、「行き過ぎた指導」により謹慎処分を受け、岡田は方向転換を決断した。

「謹慎になって『これは違う方法を考えなあかん』と。そこから選手たちがグラウンド内でもグラウンド外でも自分で考えて動けるように、今度はそこを"徹底"するようになりました」

 たとえば、履正社の練習は普段から走者をつけて行なうケース練習が非常に多い。なかでも一、三塁のケース練習に最も多く時間を割くのだが、これは攻守ともに考えるパターンが多く、予測、状況判断の力が必要になってくるからだ。また、紅白戦では打者自身がサインを出すのだが、これも頭を鍛えるために行なう。走攻守に頭脳を加えた"4拍子"のバランスのよさが履正社の最大の特長で、ここ15年で岡田が最も強調していた部分だ。

 こうして指導方針が転換されていくなか、2006年春に2度目の甲子園出場を果たすと、そこから10年間でじつに7度の甲子園を実現。いまや大阪桐蔭と"大阪2強"を形成するまでになった。

 その大阪桐蔭との初対決は1991年春、大阪大会の5回戦だったが、結果は10対0のコールド負け。このときの大阪桐蔭は、直前のセンバツで甲子園初出場を果たし、同年夏も甲子園に出場して全国制覇を成し遂げたチームだった。「ウチとはまったく素材が違っていました」と岡田は振り返るが、それから6年後の夏、大阪大会準決勝で両者は再びぶつかり、そのときは2対1で履正社が勝利して、甲子園初出場に弾みをつけた。

 そして3度目は99年夏の大阪大会2回戦。このときも13対12と履正社が乱打戦を制して勝利。しかし、2005年の夏に準決勝で敗れると、そこからパタッと勝てなくなった。初戦での激突で話題となった昨年の夏を含め、ここまで大阪桐蔭が9連勝中だ。

「何かひとつ足りない、ひとり足りない......。戦力的にそういう印象の年も多かったですし、これまでは勝負根性的なものもあったのかと......」

 寮生活から生まれる大阪桐蔭の一体感や、練習に集中できる環境の差を指摘する声もある。

「しかし、それはウチの学校のシステムなので変えようがない。それに寮か、通いかの問題だけじゃなく、気持ちを含めた総合力でどう相手を上回っていくか。そこを考えないとダメです」

 岡田自身のなかに、大阪桐蔭に対する苦手意識は特にないという。

「力が足りないから勝てない。それだけでマイナスイメージを持つことはありません。一時のPL学園に感じていた、とてつもない差とも違いますし......」

 東洋大姫路OBの岡田が率いる履正社と、報徳学園OBの西谷浩一が率いる大阪桐蔭のライバル物語。兵庫には「春の報徳、夏の東洋」という俗諺があるが、これを今の大阪に当てはめると「春の履正社、夏の大阪桐蔭」か。2016年の夏は履正社が甲子園出場を果たしたが、山田哲人(ヤクルト)が中軸を打ち出場した2010年同様、大阪桐蔭とは戦わずしての甲子園でもあった。

 岡田は履正社での30年を振り返ると、こんな思いを口にした。

「前半は"東洋色"が強く、選手もそれは大変だったと思います。でも、彼らがなんとかついてきてくれたなかで甲子園に出ることができ、指導も変わっていった。徹底する部分は残しながら、やらせる野球ではなく、選手自身が考え、動ける野球。選手としても、人間としても、高校を出てから活躍できる生徒を多くしたい。『履正社から来た選手は間違いない。しっかりしている』と言われるような子どもを増やしていきたいですね」

 約10年周期でスケールアップを遂げてきた履正社に、新たな予感が漂う2017年。監督として迎える31年目のシーズンは、岡田にとって忙しく、充実の1年になりそうだ。

谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro