横山カズ・同時通訳者

写真拡大

■クライアント企業トップのインタビューを手当たり次第英訳

【三宅義和・イーオン社長】この前、初めて同時通訳者と同席する機会がありました。当社に海外の方が来られた際、通訳を伴っていたのです。はじめは英語だけで会話をしていましたが、折角通訳がいるのに、私の言うことを訳してもらわないと、その人が仕事になりません(笑)。

そんなわけで途中から日本語に切り換えたのですが、わりと直訳をされるなという感想を持ちました。意訳ではなく、そのまま訳している。もちろん、言いたいことは伝わっていました。一般的には、それが普通なのでしょうが、横山さんの場合、相手の立場や文化的背景まで察し、それを考慮しながら通訳するということもしますか。

【横山カズ・同時通訳者】もしかすると、三宅社長の日本語がきれいで、スムーズに直訳できてしまったのではないでしょうか。こうしてインタビューを受けていても、社長の質問はとてもわかりやすいですからね。その通訳者の方は楽ができたと思います(笑)。

僕の場合も通訳する方の国籍や人種、年齢、職業、さらには社会的地位と文字どおり千差万別です。それは事前に知らされていることもあれば、初対面で教えられることも少なくありません。しかも、誰もが流暢なイングリッシュを話すわけではない。むしろ、その人の母国語が持つ独特なイントネーションもあたりまえ。

でも、どんなに聞きづらい発音でも、ゴール地点をめざして訳さなければなりません。それと、その場では、誰が主人公なのか、彼の文化的背景はどんなものかを理解しつつ通訳していく。実は、そのあたりが一番の醍醐味で、しかも難解な言葉を簡単な言葉の組み合わせに置き換えられると誤解も避けられます。意味の“因数分解”をする感じですね。

【三宅】企業トップの通訳を担当されているということでしたが、そういう方などは、多くの会議やイベントなどで主人公の役割を担うと思います。そうした際、クライアントさんの話す日本語を、横山さんは企業トップとしての品格を感じさせる通訳を心がけるのでしょうか。

【横山】そうですね。そのために国内外を問わずトップの立場にある人の英語でのスピーチをネット上で再生して聴いたり、文字に残っているものに目を通してみるということは意識的に行っています。それを繰り返すことで、通訳の仕方は、おのずと見えてくるものです。今通訳を担当させていただいている方の日本語のインタビューは無数にありますから、手当たり次第に英訳しています。

【三宅】なるほど。そこまでやってらっしゃるわけですね。

【横山】ファンになってしまえばいいんですよ。そのときの気持ちは、もうこの人の通訳をできたら本望ということですね。

■同時通訳に必要なのは場数と経験

【三宅】まさにプロ根性と言いますか、仕事に対する意気込みを感じさせてもらった気がします。私自身にとっても、改めて英語学習についてモチベーションが上がりますし、1人でも多くの英語学習者に聞かせたい話ですね。横山さんが講演でも支持される理由がよくわかりました。ところで、素朴な疑問なのですが、英語から日本語に訳すのと、日本語から英語にしていくとでは、どちらが大変なのでしょう。

【横山】人それぞれでしょうね。僕の場合は、あえていえば、英語から日本語です。ただ、その齟齬を少しでも埋めていくには、場数と経験、そして練習法の工夫しかないと思います。

【三宅】最近、若者が海外にあまり出たがらないという話も聞きます。しかし、外国に行くと、さまざまな体験をするはずです。そこから日本の魅力を再発見するというようなことも当然ありますよね。

【横山】ありますね。僕自身、帰国子女でもなく、大学時代の留学経験もありません。日本の再発見というと大げさですが、例えば、カナダのユーコン準州というところにしばらくいたことがあります。

自然がすごく雄大なんですが、どこか荒涼としていて変化がない。気がついたら、盆栽のように小さな空間のなかにも繊細な趣のある日本の景色に飢えているんですよ。おそらくそれが、日本人としてのアイデンティティの確認なのかなと思いました。

【三宅】やっぱり日本人なのですね(笑)。

【横山】海外経験ではこんなこともありました。数年前、仕事で旧ソ連のリトアニアに行ったときのことです。この国は、すごく格闘技が盛んなところなんです。僕が武道や格闘技の経験があると知った現地の人が総合格闘技やK-1の選手もいる道場に見学に行きたいか」と話しかけてきたものですから、「もちろん」ということでついて行きました。

なぜか更衣室に通され、数分たつとものすごくゴッツイ男たちが部屋になだれ込んできました。しばらく待っていると、コーチのような人がやって来て「きょうは日本人格闘家が見学に来た」と紹介されてしまいました。すると、何人かの選手たちが「よろしくな」と英語で握手をしてきました。ソ連が崩壊して、すごく時間がたっていて、教育も変化していてみんな英語を話すんですね。たぶん、海外遠征などで身につけたのでしょう。スパーリングに誘われて、僕も引き下がれないですよね。182cmほどで体重が3ケタない私では、本場の大型プロ選手になかなか大変な目に遭いました。

【三宅】それはまた壮絶な体験ですね。

【横山】ところが、楽しいんですよ。たまにはギブアップを取れたりして、「おう、やるじゃないか」と言ってくるのも全部英語。プライベートな出来事ですが、そのとき、本当に英語をやっていてよかったと思いました。痛みも忘れるぐらいでしたね(笑)。

■自信があって行動していけば経験はついてくる

【三宅】今は産業界でも教育界でも、グローバル人材育成という言葉が不可欠のキーワードになっています。つまり、世界と伍していける若者をもっと増やしていこうということがあるわけです。横山さんが考えられるグローバル人材というのはどのような人物像をイメージされていますか。

【横山】僕も未熟ではあるんですけれども、グローバルな生き方というのは、まず地球のどこにいたとしても、外国の人たちとの違いを探すのではなく、共通点を見つけることではないでしょうか。積極的に共感していくわけです。このやり方なら、世界中のどこでも通用し理解しあえると思います。

【三宅】私はこの質問を何人もの方にしてきました。すると、だいたいの方は「自分との違いに気づき、相手の立場になって接していける人材」と定義します。横山さんの答えは初めてです。違いではなく、共通項を探すのですね。

【横山】共通項を探して認めあったあと、自分のスタイルを出していけばいい。それは当然受け入れられるはずですし、一緒に行動しても、お互いに切磋琢磨できるという気がします。

【三宅】これは理論ではなく行動が先に出る人の言葉ですね。すごく横山カズさんらしいです。

【横山】僕が英語の勉強を通していつも強調しているのが、英語学習で自信をつければ、いろんな可能性が広がるということ。多種多様な夢がかなうかもしれないですね。そうした勉強をする過程で「自分はどんな存在になりたいのか」ということを問い続けることが重要でしょう。

グローバル人材って聞くと、ちょっと抽象的ですが、普段から外国人と流暢に英語で格好よく話しているみたいな人を思い浮かべますよね。けれども、そんなイメージを吹き飛ばすような実際の行動が大事だと考えています。

とにかく、英語の習得の主人公はあくまで自分自身だと思えば、自分の個性を英語学習の過程でしっかりとらえながら、自分が物事に対してどう感じ考えているかを深く知り、理想を確かめてほしいと思います。その過程でコミュニケートする相手との共通点を見つけ、気持ちを通い合わせられれば良いわけですね。

【三宅】それを同時通訳という仕事の現場で実践しているからこそ、自信を持って言えるわけですね。

【横山】語学と教育は夢がないといけない。まして英語を武器にして世の中に役立とうとすれば、その実現には理想と情熱がいるんですね。頭ではなんとなくかわる気はするものなのですが。それを自分の英語とか自分の五体とか身体を通して行動に変えていく。そのための道筋が日々の学習ですね。これは、地球のどこでも通じるような方程式です。自信があって、行動していけば経験はついてくるじゃないですか。

【三宅】ぜひ日本人の英語学習者へ励ましのメッセージをお願いしたいのですが。

【横山】現在、通訳だけでなく、いろんなメディアを通して英語の指導もさせていただきながら思うことがあります。それは、知識だけじゃなくて、英語を自分の体で感じて使えるようになる楽しさと、そこから自信を手に入れる素晴らしさを実感してほしいということです。

先日、クライアントの企業トップの方が、ある国際大学の留学生に向けてスピーチする原稿を英文に訳しました。思い切って訳していいと言われていましたから、スピーチの最後の部分、「これからずっと充実した人生を成功しながら歩んでください」と語りかけるところを、国境を越え、世界を舞台としているその企業のイメージをとらえ、このような英語にしました。

<I pray that you will spread your wings toward your continued success in the future. >

未来の成功に向けて、あなたの翼で羽ばたいてほしいと。僕は、英語は翼であると信じています。

【三宅】本日はありがとうございました。

(三宅義和・イーオン社長 岡村繁雄=構成 澁谷高晴=撮影)