江宏傑=2016年6月撮影

写真拡大 (全2枚)

(台北 27日 中央社)卓球選手の江宏傑が26日、東部・花蓮で開催された2017年度の台湾代表を決める選抜大会で、呂柏賢を3−1で下し、代表の座を手にした。江が代表に選ばれるのは6年連続14回目。試合後には自身のフェイスブックで応援してくれた人々に感謝を示し、妻の福原愛さんをタグ付けした。

江は23日から26日にかけて20試合に出場。26日は6連勝し、代表資格を獲得した。

フェイスブックの投稿では「ここ数日応援してくれたみなさん、ありがとう。これほど素晴らしいことはありません。ゆっくり休んで、よく寝て、よく食べて、悩みの無い状態で1月1日を迎えたい」と心境をつづった。江は1月1日に台北市内で福原さんとの結婚披露宴を行う。

(林宏翰/編集:名切千絵)