26日、日本のアニメ作品の売り上げに中国が大きく貢献している。人気作品は1話10万ドルという高値で取引されている。写真は「君の名は。」の中国のチケット。

写真拡大

2016年12月26日、日本のアニメ作品の売り上げに中国が大きく貢献している。海賊版の取り締まりが強化される中、熱狂的ファンの存在や動画配信サービスの需要が急増している。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、日本アニメーション協会の発表では、2015年の日本アニメの海外売上高は14年と比べ79%増、349億円に上った。売り上げ増の半分以上が中国による。

子どもの頃から日本のアニメファンだという27歳の女性は、「日本のアニメはきれいだし、ストーリーも独創的」と話す。この女性はアニメ作品のコスプレもしているという。

中国では日本のアニメ作品は何十年も前から人気となっているが、以前の動画配信サイトは海賊版のコンテンツを配信しており、中国当局が海賊版の取り締まりを強化するまで、日本の制作者の収益にはあまりつながっていなかった。

需要の急激な高まりにより、作品の価格が急上昇している。人気作のSF時代劇アニメ「銀魂」は1話(30分)10万ドル(約1170万円)という高値で取引されている。それでも実写の人気番組の権利と比べれば安価で、米国の「ハウス・オブ・カード 野望の階段」は1話500万ドル(約5億8500万円)に上る。(翻訳・編集/岡田)