▽京都サンガF.C.は27日、FW沼大希(19)の契約更新ならびにガイナーレ鳥取への育成型期限付き移籍を発表した。なお、契約期間は2017年2月1日から2018年1月31日までとなっており、期間中は京都と対戦する全ての公式戦に出場できない。

▽大阪府出身の沼は、2016年に下部組織よりトップチーム昇格を果たした。また、ユース所属時には2種登録選手としてトップチームに登録されていたものの、出場はなかった。今シーズンは明治安田生命J2リーグに6試合出場し、1得点を挙げている。

▽鳥取への期限付き移籍が決定した沼は、両クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

◆ガイナーレ鳥取

「この度、京都サンガF.C.より加入することになりました沼大希です。ガイナーレ鳥取がJ2に昇格できるよう自分の特徴を最大限に発揮し貢献していきたいと思います。1日でも早く認めてもらえるように努力していきますので、よろしくお願いします。」

◆京都サンガF.C.

「ガイナーレ鳥取へ期限付きで移籍することになりました。今年はチームに貢献できず不甲斐ないシーズンになってしまいました。スクールからお世話になったサンガを離れることは残念ですが、鳥取で結果を出して戻ってこられるように頑張りたいと思います」