第二次世界大戦中の不発弾1.8t 処理作業のため5万人が避難

ざっくり言うと

  • ドイツで、第二次世界大戦中に投下された1.8トンの不発弾が見つかった
  • 25日には処理作業にあたって避難指示が出され、住民5万人以上が一時避難
  • 住民たちは近くの学校や体育館に設けられた避難所でクリスマスを過ごした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング