コン・ユ4年ぶりのドラマ復帰作「鬼<トッケビ>」(原題)が2017年3月よりMnetで日本初放送決定!

写真拡大 (全2枚)

コン・ユ4年ぶりのドラマ復帰作「鬼<トッケビ>」(原題) が、2017年3月より日本初放送される。本作は、永遠の時を生きる“鬼”になる呪いをかけられてしまった、かつての“高麗の英雄”と、自分の過去、名前など一切を忘れてしまった記憶喪失の“死神”する。そんな彼らの前に現れた“鬼の新婦”と呼ばれる少女の三人を軸に描き、壮大で美しいファンタジーラブロマンスだ。「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染 ファイナル・エキスプレス」「男と女」など、ここ数年活躍の場を映画に移していたコン・ユが4年ぶりに出演を決めた作品として、放送前から注目を集めた話題作。

コン・ユ演じるのは、自分の呪いを解いてくれる“鬼の新婦”を探す主人公のキム・シン。そんなキム・シンと奇妙な同居生活を開始するのは、記憶喪失の死神。これを日本でも人気の高いイ・ドンウクが扮する。“鬼の新婦”には「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」のキム・ゴウン。財閥の御曹司でキム・シンの家臣の子孫ユ・ドクファには人気急上昇中のボーイズグループ「BTOB」のソンジェが演じる。脚本は「太陽の末裔」「相続者たち」などを代表作に持つヒットメーカーキム・ウンスク、演出は「太陽の末裔」のイ・ウンボクと、スタッフ、キャストの豪華さにおいても話題を集めた。

さらに、初回の視聴率は社会現象を巻き起こした「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」を超えてtvN歴代初回視聴率第1位を記録。コンテンツ影響力ランキングでは異例の初登場第1位を、TV話題性ランキングでは、ドラマ部門での第1位はもちろん、俳優部門でも主要キャスト3人(コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク) が1位〜3位を独占。第3話と4話では視聴率10%を突破し、地上波の人気作を抑えて同時間帯視聴率第1位を記録している。コン・ユとイ・ドンウクが繰り広げるクスッと笑えて女心をくすぐる絶妙なブロマンスにも要注目!

■放送概要
Mnet & Mnet Smart
「鬼<トッケビ>」(原題)
2017 年2 月18 日(土) 22:00 より1話先行放送決定
2017 年3 月17 日(金) 22:00 より日本初放送スタート
※Mnet Smart では本放送後、翌0:00〜7日間見逃し配信で視聴可能
2016 年tvN / 全16 話 /各75〜90 分/ 字幕放送

演出:イ・ウンボク 脚本:キム・ウンスク
出演者:コン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ソンジェ(BTOB)、ユ・インナ ほか

■関連サイト
Mnetオフィシャルサイト:http://jp.mnet.com/