(株)TKK(旧:大阪装置建設(株)、TSR企業コード:570027446、法人番号:3120001072544、大阪市西淀川区姫島3−11−27、登記上:千代田区丸の内1−7−12、設立昭和26年9月、資本金3000万円、代表清算人:伊與木正晴氏)は12月20日、東京地裁に特別清算を申請し12月22日、開始決定を受けた。申請代理人は吉田広明弁護士(弁護士法人北浜法律事務所東京事務所、千代田区丸の内1−7−12、電話03−5219−5151)。
 負債総額は約39億9000万円。

 明治28年4月、池田組として創業。大阪瓦斯(株)(TSR企業コード:570384168、法人番号:3120001077601、大阪市中央区)の指定工事業者として、同社からの受注を中心とするガス設備関連工事のほか、食品・化学・薬品等のプラント工事・メンテナンス、各種水門や橋梁、さらにごみ焼却施設などのエンジニアリング事業を手掛けてきた。平成9年3月期には完工高79億2694万円を計上していたが、その後はガス以外のエネルギー多様化やリーマン・ショック以降の企業の設備投資減少を受けて減収基調となり、23年3月期には完工高29億5902万円に低下し、赤字を余儀なくされた。
 こうしたなか、金融機関の支援を受け事業再生を目指し、資産の売却などを進める一方、コージェネレーション設備等に活路を求めるなどして28年3月期は完工高33億5265万円を計上し、採算も改善した。
 28年9月30日、(株)新出光(TSR企業コード:870011570、法人番号:9290001013666、福岡市博多区)とエネルギー事業の強化を目的に株式譲受契約を締結。10月31日開催の株主総会の決議により解散し、11月1日に会社分割により当社の事業を大阪装置建設(株)(TSR企業コード:022195939、法人番号:1120001200791、大阪市西淀川区、設立平成28年9月)に譲渡、当社は現商号に変更し今回の措置となった。