米大統領選挙、トランプに抗ったスターたち

写真拡大

今年11月9日(日本時間)、ドナルド・トランプが第45代アメリカ合衆国大統領に当確し、アメリカ史上初の女性大統領を目指したヒラリー・クリントンの希望を砕いた。トランプ勝利に至るまでの長いヂ臈領選ゴ間中、反トランプを貫いた、スターたちの言葉を振り返る。

今年を振り返るとすれば、アメリカ大統領選挙は外せない。世界中が、ゥ疋淵襯鼻Ε肇薀鵐彎〕イ箸いξ鮖謀な番狂わせに衝撃を受けたことだろう。選挙前、トランプは「私の支援集会に集まった非常に多くの支持者たちがそのまま投票所へ向かってくれるだろう」と予言していた。そしてその言葉通り、「とても勝負になる訳がないだろう」と冷ややかな目で見ていた専門家たちをあ然とさせる結果となった。

トランプ当確後も、ヒラリー・クリントンが得票数でトランプを上回っていたという事実もあり、未だ選挙結果を受け入れられない人たちも少なくない。トランプの大統領就任に反対する人々が、ほとんど効果のないオンライン嘆願署名活動とは別に、全米各地でさまざまな方法で反対運動を展開している。それは、スターたちも例外ではない。マドンナは選挙前夜、ニューヨークのワシントン・スクエア・パークでヒラリー・クリントンを応援するアコースティックライヴを開催し、ジョン・レノンの『イマジン』のカヴァーを含む5曲を演奏。「このコンサートは平和のためだし、アメリカを、今そうであるように、偉大な国であり続けさせてくれる大統領、そしてその能力のある大統領を、私たちは選ぼうとしているの。そして明日選ぶのよ」と語った。また、マドンナは選挙後、「誰よりも大切に想っている人がいなくなった時に感じる胸が張り裂ける思い、裏切り、そして、死が一度にやって来た感じ。毎朝このように感じるのよ。朝起きて、イ△◆△修Δ世辰燭錙▲疋淵襯鼻Ε肇薀鵐廚呂泙逝臈領なのねイ辰童世Δ痢7な夢ではなかったのねって」と、語っている。

ジョニー・デップ、ロバート・デ・ニーロ、レッチリのフリーからニール・ヤングまで、今年多くのスターたちが、声高にト織肇薀鵐惧イ鯀覆┐討た。ローリングストーン誌は、積極的に彼らの声を世界中の読者へ届け続けてきた。
2016年の総括として、反トランプを貫いたスターたちの言葉を振り返りたい。

ジョニー・デップが警告、もしトランプが当選したら「アメリカ最後の大統領」


ジョニー・デップ、共和党の指名獲得が確実となったトランプ氏が「アメリカ最後の大統領」になる可能性があると警告した。
rollingstonejapan.com/articles/detail/25950

ニール・ヤング、トランプに強く抗議:「選挙活動で俺の曲は使うな」

Photo by Frazer Harrison/Getty Images

「Fxxk You, ドナルド・トランプ!」ニール・ヤングは、トランプが選挙キャンペーンに彼の曲を使用することを固く拒み、抗議姿勢をみせた。
rollingstonejapan.com/articles/detail/26084

ロバート・デ・ニーロ、トランプを激しく罵倒:「顔面を殴ってやりたい」


「あいつは明らかにバカだ。本当にくだらないヤツだ。卑劣で強欲な男だ。それにペテン師で、クソ詐欺師だ」と、ロバート・デ・ニーロはドナルド・トランプを罵倒した。
rollingstonejapan.com/articles/detail/26815

U2ボノが警告:「トランプを選んだりしたらアメリカ史上最悪の事態」

Photo by Spencer Platt / Getty Images/Paul Morigi/WireImage,

U2のシンガーであるボノが来るアメリカの大統領選についてコメントし、「ドナルド・トランプが大統領になれば、アメリカがこれまで大切にしてきた理念を崩すこととなる」と警告した。
rollingstonejapan.com/articles/detail/26700

レッチリ フリー共和党批判: トランプは「うぬぼれた間抜け野郎で、資金を増やす詐欺師」

Photo: Rob Carr/Getty

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、ドナルド・トランプを「フェラチオのためだけに生きている、うぬぼれた間抜けな野郎さ。」と言い放った。
rollingstonejapan.com/articles/detail/25410

マイリー・サイラス、トランプ圧勝に憤慨:「マジで悪夢!移住してやる!」

Simone Joyner/Getty Images, Luke Sharrett/Bloomberg via Getty Images

「スーパー・チューズデー」でのトランプ氏圧勝の結果を受けて、マイリー・サイラスは「マジでやってらんない。あんなヤツが大統領になるなら、移住してやる!」とショックを露わにした。
rollingstonejapan.com/articles/detail/25538

エミネム、新曲でドナルド・トランプと支援者を痛烈に批判

Photo by Kevork Djansezian/Getty Images for MTV

エミネムは、制作中のニューアルバムに収録されるドナルド・トランプを強烈に批判した曲『Campaign Speech』を先行公開した。
rollingstonejapan.com/articles/detail/26898

シンガー・女優のシェール:「トランプはヒトラーやスターリンと同類の独裁者よ」

Photo by Frazer Harrison/Getty Images for AFI

女優であり歌手のシェールはヒラリー・クリントンの選挙資金調達イベントで、共和党候補のドナルド・トランプについて「彼はアメリカを性的ストレートと白人だけの国にしようとしている」と非難した。
rollingstonejapan.com/articles/detail/26493

スリップノットのコリィ、トランプを猛烈に批判「国民皆で抗議の声を上げるべき」

Photo by Tom Pennington/Getty Images

スリップノットのフロントマン、コリィ・テイラーは、2015年12月のインタヴューで、ドナルド・トランプ氏の米大統領選への出馬が、2015年のポップカルチャーの中で最も最悪な出来事だと答えていた。そんな彼が今回、この共和党候補の「不道徳で醜い偏見と人種差別」を人々に植え付ける数々の発言に対して、これ以上我慢できないとローリングストーン誌に話してくれた。
rollingstonejapan.com/articles/detail/25619

マドンナ、トランプの当選を語る:「不愉快極まりない、女性に裏切られた」

Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images /Joseph Sohm / Shutterstock

マドンナは、ドナルド・トランプの大統領当選を受けて「不愉快極まりない。女性に裏切られたと感じたわ。トランプに投票した女性の割合は信じられないぐらい高かったのよ」と、語った。
http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27228

ブルース・スプリングスティーン、トランプを大バカ者呼ばわり:「民主主義の悲劇だ」

Photo by Miguel Pereira/Redferns

「共和党は大バカ者に支配されている。これは民主主義の悲劇だ」とスプリングスティーンはローリングストーン誌のインタヴューで語った。
rollingstonejapan.com/articles/detail/26702

トランプ氏批判のYGラップ曲『FDT』、新リミックスでマックルモアとG・イージーとコラボ

Photo by Timothy Norris/WireImage,Tim Mosenfelder/Getty Images

米ラッパーのマックルモアとG・イージー が、YGの『FDT(ふざけるな、ドナルド・トランプ)』の新リミックスで、ドナルド・トランプ氏に向けた辛辣なラップを繰り広げている。
rollingstonejapan.com/articles/detail/26287

その他、米大統領選挙に関する記事は、こちら。