(写真=「SMAP×SMAP」番組公式サイト)

写真拡大

26日に最終回を迎えた「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)。日本の国民的アイドルSMAPの事実上解散となった同番組は、23.1%の視聴率を記録し、有終の美を飾った。

そのことは、早速韓国でも報じられている。

「20年のスマスマ歴史にピリオド…SMAP解散」(『Mydaily』)、「日本のスーパーアイドルSMAP、歴史の中へ…」(『京郷新聞』)、「国民アイドルSMAPが28年間の活動に終止符」(『ソウル経済』)などなど。

『TVReport』は、「最後のあいさつ、リーダーの涙、幕を閉じたSMAPの28年」と題した記事の中で、「SMAP×SMAP」最終回の様子をこう伝えた。

「メンバーたちはいつにも増して真面目に、名曲『世界で一つだけの花』をライブで披露した。一生懸命に振り付けをし、自分のパートでは目を輝かせながら熱唱していた」

「曲が終わると、メンバーたちは深く腰を下ろして視聴者やファンに別れを告げた。ステージのカーテンが全て降りた後も、しばらく顔を上げられなかった」

こうした報道を受け、韓国のジャニーズファンからはSMAP解散を惜しむ声がたくさん寄せられている。

「一つの時代が幕を閉じるようで、切ない気持ちになる」
「28年間トップを守ったのはスゴイこと。この記録を破る後輩が現れるかどうか」
「ジャニーズとの契約が終わったら、自由に恋愛してください」
「良い終わり方だと思う。一緒に歌うのも嫌なほど気まずいはずなのに」
「世の中に永遠なものはないんですな」
「いろんな名曲を残してくれてありがとう」
「ARASHI世代なのでSMAPはよく分からないけど、レジェンドだってことはわかる」
「草なぎ剛は、また韓国で活動すれば?」
「スマスマには韓国人スターもたくさん出演したから残念」
「メンバーが60代になっても続くと思ってたのに」
「ビートルズが解散した時もこんな感じだったと思う」

(文=S-KOREA編集部)