as_20161226125821.jpg

写真拡大

女性にとって「ほうれい線」や「頬のたるみ」は、美しさの敵。気になる部分を中心にケアしがちだが、なぜ加齢で老けた印象なるのか。その重要な要素のひとつに、年とともに顔の骨量が減って頬やこめかみ、あごの部分がボリュームダウンしていくことがある。

骨が減った部分にヒアルロン酸

形成外科医で、30年にわたり日本の美容医療をリードしてきた自由が丘クリニック理事長の古山登隆医師が2016年11月30日、アラガン・ジャパン社が主催したヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダームビスタ(R) ボリューマ XC」発売記念のプレスカンファレンスで、「老け顔」になる理由を講演した。

古山医師は、日本人1200人のアンケートから導き出した「美しい顔」を紹介した。顔の輪郭は、ハート型かたまご型。パーツは切れ長の目、筋の通った鼻、ふくよかな唇。そして、左右対称な顔が美しいとされるという。いずれも、顔の中に曲線があるほうが美しく見える。おでこ、頬、あごがふっくらしていて曲線を帯びているのがポイントだ。

顔は加齢とともに筋肉が衰えるだけでなく、骨も委縮する。そのため、シワやたるみがより目立ってくるという。とくに、頬、こめかみ、あご部分のボリュームが減ることで「老人顔貌」になる。

古山医師によると、これまでの美容医療では、ほうれい線や目元のシワはヒアルロン酸を注入することで「線を消す」手法が用いられてきたが、これからは、顔のボリュームに着目し、骨の上に減った部分を補いボリュームをつけることで顔をふっくらさせ、影を消し、やりすぎない自然な美しさを表現する時代になるとした。それには、医師のテクニック、注入の量、品質の確かな製剤の3つの条件が揃うことが必要だとした。

20代女性がたった25分で老人顔に...

講演の後は、メイクアップアーティストのJIRO氏によるライブパフォーマンスが行われた。特殊メイクのテクニックで、20代の女性を80代の見た目まで変身させるという。

まずは、古山医師が解説したように、加齢とともに萎縮が進むこめかみ、頬、あごにシャドーを入れていく。次は、目の周り。ここも年をとると骨が委縮し、くぼんでいくのだ。黒っぽいシャドーと白いハイライトを使い分け、色の濃淡でエイジングを表した。メイクが始まってわずか25分、顔の半分が見事に老人に変身した。

メイクをされたモデルの女性は、自分の顔を鏡でみて「こんなになるなんて、思ってもみなかった。本当にびっくり」と驚きを隠せない様子だった。

医師・専門家が監修「Aging Style」