個性的な動物たちが圧巻パフォーマンス!? (C)Universal Studios.

写真拡大

 「ミニオンズ」「ペット」のユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンタテインメントが手がける新作アニメーション映画「SING シング」の本ポスタービジュアルが、このほどお披露目された。人生を変えるオーディションに臨む動物たちが、自信に満ちた笑顔を向ける様子を切り取っている。

 物語は、動物が人間のように暮らす世界が舞台。コアラのバスターが支配人を務める劇場は、かつては繁盛していたものの、現在は取り壊し寸前の状況に。バスターは劇場の再起を賭け、世界最高の歌のオーディションを企画。個性的なメンバーが人生を変えるチャンスをつかむため、5つの候補枠をめぐるオーディションに挑む。

 ポスタービジュアルには、バスターのほか、オーディションの主役たちが結集した。傲慢だが実力派シンガーのハツカネズミ・マイク、極度のアガリ症を抱える10代のゾウ・ミーナ、25匹の子どもの育児に追われるブタ・ロジータ、ギャングから足を洗いたいゴリラ・ジョニー、恋人と別れたいパンクロッカーのヤマアラシ・アッシュ、超ハイテンションなシンガー兼ダンサーのブタ・グンター。動物たちの歌声と、波乱に満ちた物語に期待が高まる仕上がりだ。

 彼氏の不貞に傷つきながらも、エネルギッシュなステージを披露するアッシュに声を吹き込むのは、「アベンジャーズ」シリーズや「her 世界でひとつの彼女」のスカーレット・ヨハンソン。今作に心揺さぶられたそうで、「見て元気になるし、感動するようなストーリーよ。それに、この映画の伝えたい何よりも大切なメッセージは、挑戦するならリスクを恐れてはならない、ってことじゃないかしら。あなたの夢を実現する力を信じてくれている友だちを信頼し、勇気を出して彼らの肩を借りることね」と明かしている。

 「SING シング」は、きゃりーぱみゅぱみゅ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガをはじめ、新旧ヒットソングを65曲以上使用。声優としてマシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、タロン・エガートンらハリウッドスターが参加し、監督は「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングスが務めている。2017年3月17日から公開される。