青山学院大学が大学駅伝3冠と3連覇を狙う第93回箱根駅伝。戦力的には、学生ナンバー1と言えるエースの一色恭志を有し、前回の箱根駅伝では1区を1位で中継してから一度も先頭を譲らず、2位の東洋大に7分以上の差をつけたメンバーも6名残っている。その上、今年の出雲駅伝と全日本大学駅伝では、新戦力も好走するなど完全に青学大が一歩抜け出しているという状況だ。

 ただ、死角らしい死角が見当たらないとしても、他大学にも3連覇(過去4大学のみ)や、3冠(3大学のみ)を簡単に達成させるわけにはいかないという意地がある。

 その青学大の優勝を阻止する可能性を持つ一番手が、11月の全日本大学駅伝では3区でトップに立ち、最終8区の序盤まで青学大の前を走った早稲田大学だろう。

「青山を上回るためというより、自分たちの力を出そうという面で出雲も全日本も手応えがありました。今年のチームは昨年のチームを確実に上回っているので、全日本でも1、2、3区で流れを作って4区の永山博基(2年)からリスタート。5区と6区はつなぎだけど多分上位で来られるからと話していました。ただ『今年は拮抗しているから先頭かもしれないし、6〜7番かもかしれないよ』とも話していたなかで、自分たちの狙った通りのレースはできたのかなと思います」

 こう話す相楽豊監督だが、青学大の強さは認めている。

「今年の青学大は6区の山下りに小野田勇次くん(前回区間タイ記録で2位)がいるし、上りもあれだけ層の厚いチームだったら、初めての選手でもそこそこ上ってくるだろうと予想しています。『この区間だったら青山を上回れる』というのがあまりないので、平地に関してもどっこいどっこいに持っていけたらいいかなというくらいで......。でも20kmになるのでそこには自分たちも自信を持っているから、されるがままにはならないと思うんです。あとはやっぱり全日本のときみたいに競り合って、主導権を握ることができれば面白くなってくるのかなと思います」

 今季の早大が好調な要因のひとつに、入学の時から期待され続けてきた現・4年生が今年になってようやく本格化したことがある。16名のエントリーメンバーにも4年生が7名入った。

 全日本では、1区で武田凜太郎が東洋大の服部弾馬には突き放されたが、駒大の工藤有生に競り勝って2位で中継。そのタスキを受けた平和真は、追いついてきた青学大の準エースの田村和希にラストでかわされたが、一時は引き離す走りを見せて1秒差の2位でつないだ。

 そしてケガで出遅れていたものの、今年になって主力へと成長した鈴木洋平が、青学大の吉永竜聖を突き放しトップに立つなど、4年生が機能した。さらに前回の箱根は9区区間4位で、相楽監督も長い距離では信頼を置く井戸浩貴や、前回は6区で区間4位になった佐藤淳も期待されている4年生だ。

 11月の上尾シティハーフ学生の部では、武田が1時間01分59で優勝した。平も1時間02分14秒で6位、鈴木も1時間02分16秒で7位になり、太田智樹(1年)も1時間02分48秒で11位と自己記録の更新ラッシュ。さらに佐藤と清水歓太(2年)が1時間03分04秒と08秒で続いた。

 この結果を相楽監督は、「ハーフの準備が十分ではなかったので、後半失速するだろうと思っていましたが、上位3人は走り切ったし、後ろのメンバーも後半は失速しつつ、想定よりは我慢できたと思う。選手たちには箱根を意識して自分でテーマを決めて走ってこいと伝えていたなかで、平は『10kmくらいから集団を動かして崩しにいきます』と言った通りの走りをして、そこで足を使った割に後半粘って走っていました」と評価する。

 こうした明るい話題がある一方で、実際には使える枚数に限りがある。

 相楽監督が「個人的には奇襲をするのは好きなんですけど、ちょっとタマがないので今年はできないですね」と苦笑するように、比較的オーソドックスな区間配置にせざるを得ないだろう。しかも「青山は調子に乗ると手がつけられないし......。先頭で独走というパターンに持ち込まれると向こうに力があるので厳しくなってくると思う」というように、序盤で主導権を握ることが勝利への最大条件となる。

 10月の出雲で青学大は1区に1年生の鈴木塁人、全日本では下田裕太(3年)を起用して区間5位と8位でスタートしたが、箱根での1区をどう考えるかがひとつのポイントとなる。鈴木は1年生ながら、11月の世田谷246ハーフを1時間02分55秒で2位になっている。1区から飛び出すことを狙わず、2区のエース・一色とセットで考えて、2区終了時点で首位に立ち、準エースの田村和希を使える3区以降でリードを広げる作戦を取ってくる可能性もある。

 そうなった場合、早大に必要なのは1区では確実にリードしてタスキをつなぎ、2区終了時で並ぶくらいに抑えること。その上で3区と4区では食らいつくか、再びリードするような展開に持ち込むことだろう。

 相楽監督は「うちは爆発力のある選手がいないので、2区はつなぎの区間になると思います。でもあのコースは終盤のアップダウンがあるので、実は差がつきにくいコースなんです。留学生を抜きにすれば1時間7分から6分台後半なので、1時間8分を踏んでいけば1分差くらいでしのげる」という。

 ポイントとなる1区には、将来的に1区のスペシャリストに育てたいと考えている1年生の太田もいるが、やはりそこで冒険するのは難しい。そうなれば武田でいくのが順当だろう。

 東洋大は服部弾馬で先手に出るだろうし、ほかにも創価大のムソニ・ムイル(1年/予選会20kmを58分51秒)の起用もあり得る。その中で確実に上位を狙える武田が力通りの走りで、青学大に少しでも差をつけて2区につなげれば面白い展開に持ち込めそうだ。

 2区には全日本の準エース区間の4区で区間賞を獲得し、11月には1万mの記録を28分25秒85まで伸ばした永山博基(2年)の起用が有力だが、彼が一色にかわされても僅差でつなげれば、平と鈴木を置ける3区と4区では青学大とも互角かそれ以上に戦える可能性がある。

「キーポイントは上りの5区でどういう走りができるかになると思います。というところで4区までは青学大を含めて、トントンかそれ以上で来られれば......。裏を返せば青学大は6区の小野田くんが57分台でいくと聞いているので、そうなれば5区が終わって2分くらいは差をつけておかないと抜かれてしまいます。全日本もそうでしたが、どこの区間で何分何秒というのは計算できないので、全区間のラスト100mの秒差を積み重ねて、どのくらい貯金できるかという発想でいくことになると思います。箱根も流れによってはものすごい差をつけられるかもしれないし、勝つためには秒のやりとりが大事になってくると思っています」

 5区と6区は前回走った安井雄一(3年)と佐藤が有力だ。復路に関しては、前回9区と10区を走った井戸と藤原滋記(3年)には速いペースで入って我慢する走りを意図的にやらせて、そういった走りに対応できるようになっているという。ほかにも太田や新迫志希(1年)や清水、長い距離が強い石田康幸(3年)も候補になってくる。

 往路でどこまで青学大と勝負ができるか。早大の勝機はそこに尽きるだろう。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi