女子サッカー2016シーズン最後のタイトルとなった皇后杯。なでしこリーグカップと、なでしこリーグの2冠を達成していた日テレ・ベレーザが準決勝で姿を消すなど、波乱があった。決勝も延長、PKにまでもつれ込む激戦となり、INAC神戸がアルビレックス新潟Lを下し、2年連続6度目の栄冠を手にした。

 先に仕掛けたのは新潟。先手必勝とばかりに、立ち上がりから積極的に攻め上がる。準決勝で決勝ゴールを決めた左サイドハーフの八坂芽依がこの日も好調。開始早々にシュートを放つと、10分には大石沙弥香が前線で体を張ってキープしていたボールをフィニッシュに持ち込む。18分には上尾野辺めぐみのシュートの跳ね返りを大石が押し込みにいくなど、新潟の攻撃は活気づいた。INACも次第に好機を生み出す。24分には中島依美のシュートがクロスバーを直撃、京川舞が詰めるもゴールはならず。目まぐるしく主導権が変わる展開はその後も続いた。

 後半、INACの松田岳夫監督はボランチに杉田妃和を送り出すと、この杉田が縦パスで一気にチャンスを生み出したかと思えば、横パスで効果的にサイド攻撃を促すなどメリハリの利いた動きを見せる。多少のポゼッションは譲っても、高い位置でボールを奪うことで、効果的なカウンターを生み出していた新潟が、セカンドボールを追う形が増え始める。連戦の疲労もあってか、徐々に後手に回り始める新潟のプレス。その間を縫うようにパスがつながり始めたINACは61分、大野忍がオフサイドぎりぎりのところで折り返したボールに高瀬愛実が飛び込むが、これもバーに阻まれる。大きな決定機だった。

 互いに譲らず、INACに至っては3試合連続となる延長戦へもつれ込んだ決戦。それでも勝負はつかず、PK戦へ突入した。ここで気を吐いたのがINACの守護神・武中麗依だ。PK勘が冴えてコースの読みが当たり、2本のPKを止めた武中がチームを大会2連覇へ導いた。

 24歳の武中が、こうしてタイトルのかかった試合でスポットライトを浴びるまでの日々は、決して平坦なものではなかった。2011年にINAC入りを果たすも、そこにはなでしこジャパンのゴールを守る海堀あゆみがいた。出場の場を求めて2015年にベガルタ仙台へ移籍を決意、そこではリーグ戦23試合に出場した。

 その後、海堀が引退を発表したことで、急遽INACへ1年で復帰。しかし、今年8月、今度は誰もがその実力を認めるベテランの福元美穂が湯郷ベルから移籍してきたことで、新たな競争の渦にもまれることになった。それでも武仲が苦境を表情に表すことは一切なかった。そして、準決勝で福元が負傷したため、決勝の大舞台を任されることになったのだ。

 本人は、「福元さんは声の存在感が違う。練習も楽しみながら2人で厳しくやれている。自分もまた違う部分が成長している気がします」と語る。その言葉通りの信頼関係は、この日彼女は着用した福元のグローブが物語っていた。

 今シーズンのINACの最も大きな変化は守備力だ。タレントが揃うため、攻撃が注目されがちだが、ボランチはもとよりサイドハーフ、トップの選手の献身的な守備が揺るがないため、奪った位置から多彩な攻撃につなぐ一歩になっている。

 昨シーズンで澤穂希が引退し、INACは正念場を迎えた。実力主義を貫くチームなだけに、何年も同じメンバーで構成されることは難しい。そんな過酷な環境だからこその成長がINACの真髄でもある。その中で武中をはじめ、増矢理花、京川舞、杉田といった20歳前後の選手が活躍できるようになってきたことは、皇后杯2連覇の大きな後押しとなった。

 一方で、今シーズン限りでスパイクを脱ぐ選手もいる。センターバックを務めてきた甲斐潤子だ。INACが常勝軍団として注目される前からのメンバーであり、ポジション柄、決して派手な選手ではなかった。なでしこジャパンとして脚光を浴びることもなかった。

 しかし、堅実な守備で最後尾からチーム支え続けてきた、INACにとってはなくてはならない存在だった。常勝チームと言われながらも勝てなくなった時期もあった。失点を喫する守備陣にも厳しい目が向けられるなか、若手を引き込みながら守備を立て直すために悩み続けていた姿が思い出される。最後のピッチを去る際、「私は"気持ち"しかない選手でしたが、こうして応援してもらえてうれしかった」とサポーターに語ったが、ただの"気持ち"だけでこのチームに存在し続けることは不可能だ。彼女にしか持つことができない"気持ち"を示し続けた8年間。誰もが認める甲斐魂をぜひ受け継いでいってほしい。

 4度目の挑戦にして、あと一歩のところまでタイトルに迫った好敵手・新潟も120分間、すばらしい粘りを見せた。特に守備の要である中村楓の嗅覚は目を見張るものがあった。絶妙なタイミングで飛び出す大野、代わって入った増矢を筆頭にスピードあるINACの攻撃陣を最後のところでねじ伏せていたのが中村だった。「力不足です......」と、結果に悔しさを滲ませたが、「最後まで体を張れた」と本人も手ごたえは感じている。周りの選手をしっかりと動かしながらも最後は1対1でしっかりと仕留める。最後までその集中が切れることはなかった。

 すべて決勝の相手はINACというのも何かの縁を感じずにはいられない。「今年こそ、このメンバーでタイトルを!」と臨だが、またしてもすんでのところで栄冠がすり抜けていった。最後は選手層と、経験の差が出てしまった感も否めないが、それでも、ゴールへの執念、堅守への誇りを十分に示したスコアレスドローだったのではないだろうか。勝者も敗者も、互いに決定機を決めきれない課題が残りはしたが、来シーズンへつながる戦いとなったことは間違いない。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko