写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SMBCコンシューマーファイナンスは12月20日、「全国の高校生のお年玉事情2016」の調査結果を発表した。調査期間は10月16日〜11月30日、1,000名の有効回答を得た。

○2016年のお年玉の合計は「3万円以下」がトップ

「今年(2016年)は、お年玉を合計でいくらもらいましたか」を聞いたところ、最も多かったのが「3万円以下」35.4%で、以下「5万円以下」30.3%、「10万円以下」16.9%と続く。

次に、男女別で見てみると、男子高生で最も多かったのが「3万円以下」37.6%で、次が「5万円以下」の29.0%だった。一方、女子高生で最も多かったのが「5万円以下」の33.0%、次が「3万円以下」の39.0%となり、女子高生の方がたくさんもらっていた。また、男女を含めて7割強の高校生が「5万円以下」のお年玉をもらっていることがわかった。

「お年玉をどのように/どれぐらい使いましたか」と聞いたころ、「全額消費した」人は234人、「全額貯蓄した」人は133人、「全額親に預けた」人は97人となった。

お年玉の使い道については「お買い物」が最も多く、次が「交際費」となった。さらに、買い物に消費した人に何を買ったのか聞いたところ「服・靴・かばん」、「本や漫画」「ゲーム」がトップ3にランクインした。また、「授業や部活に必要なもの」も多く「雑貨」にならび4位となった。

(金野和子)