気を抜くといつの間にか体型が…

写真拡大

【サタデープラス】(TBS系)2016年12月17日放送
「年末年始に絶対とりたい2大健康食材」

年末年始はつい食べすぎたり、ダラダラ過ごしてしまいがちなもの。気が付けばポッコリお腹に、お肌はカサカサ...。それだけでなく、生活習慣の乱れから血管が老化し、突然死のリスクが高まるおそれもある。

番組では、会員数10万人以上の医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」に登録する500人を対象に、年末年始に是非食べておきたいお取り寄せ健康食材を調査した。

長寿日本一の県から「花豆」

「食物繊維が多い」「ホウレンソウの3倍の鉄分を含む」「お菓子にすれば豊富に栄養分を補給できる」などとして、医師500人中392人が何らかの健康効果が期待できると回答したのが、平均寿命日本一の長野県の中でも特に寿命が長い、佐久地方で生産されている「花豆(ハナマメ)」だ。

正式名称は「ベニバナインゲン」で、直径は3センチほどと豆としては大きく、黒地に紫色のマーブル模様が目を引く。初物の出荷が始まるのは12月頃で、まさに今が旬の食材だ。

糖質や脂質がエネルギーに変わるのを助けるビタミンB1、B2が含まれ、ダイエットに活用できるほか、抗酸化作用があるアントシアニンというポリフェノールが豊富で、若返り効果も期待できる。

佐久地方で定番の食べ方は「花豆の甘煮」。そのほか、ご飯と混ぜて炊く「花豆のおこわ」や、トマトスープと合わせた「花豆のミネストローネ風」も食卓に並んでいる。

医療法人社団「北星会」の島野雄実理事長も太鼓判を押す食材だが、食物繊維が豊富なのでお腹がゆるくなる場合があり、食べすぎは避けるよう念を押していた。

番組レギュラーの医師・木下博勝氏からは、インゲン類は調理する際に芯を残すとまれに食中毒の原因になるとの注意喚起が。水に数時間浸してしっかりと熱し、煮た時に出るアクは必ず取るようにしよう。

今しか食べられない「天然のインスリン」

「糖尿病専門医として期待できる」「おいしいので取り入れやすい」「便秘に効果がありそう」などとして、500人中323人が推薦したのが、熊本・阿蘇地方で生産されている、「天然のインスリン」とも呼ばれる「菊芋(キクイモ)」だ。

インスリンは血糖値の上昇を抑えるホルモンだが、血糖値が急上昇してインスリンが大量に放出されると、血管を痛め付けてしまう。

菊芋に含まれる「イヌリン」という水溶性食物繊維は、糖質や脂質の吸収を抑える効果があり、インスリンの分泌も抑えられ、血管が傷付くのを防げる。さらに腸内環境を整え、便秘改善や美肌効果も期待できる。

11月中旬から3月が旬で、日持ちはしないので、まさに今しか食べられない食材だ。

地元では「菊芋の天ぷら」が一般的な食べ方で、生のまま食べる「菊芋のサラダ」、しょう油だけで味付けした「菊芋のきんぴら」などもある。

きんぴらを試食したMCの小島瑠璃子「ジャガイモ卒業してもいいくらい好きです。イモは菊芋でいいかも」

そのほか、牛乳などに混ぜて飲む「菊芋パウダー」や、スライスした菊芋を温泉の地熱を利用して乾燥させた「菊芋チップス」などの加工品も販売されている。