ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスが販売したコンプリートカーのステップワゴンモデューロX。前回は箱根のワインディングを中心に試乗を行いましたが、今回は一般ユーザー向けに開催されたFeel Modulo X 2016に先駆けてテストコースで試乗を行いました。

1

今回の試乗コースはツインリンクもでぎ内にある第2アクティブセーフティーコースに特設されました。高速コーナーやレーンチェンジなど前回の箱根ではテストできなかったことがインプレッションすることができました。

ステップワゴンモデューロXは専用に開発された空力性能を高めるエアロパーツをはじめ、専用サスペンションそして17インチホイールによって操縦安定性を高め、乗員全員が快適に感じる乗り心地を実現しています。

加えて、9インチプレミアムインターナビをはじめ、ETC2.0そしてドライブレコーダーなどの人気オプション装備を標準装備。さらに専用ブラックコンビシートや本革巻きステアリングなどを装備することでステップワゴンの最上級モデルに仕立てています。

箱根でのワインディングでもモデューロXこだわりのサスペンションはミニバンとは思えない身のこなしの鋭さや非常に抑えられたロール量によって楽しく走ることができました。今回は一般道ではないので、速いスピードレンジでのコーナリングやレーンチェンジでどのような動きを見せるのか非常に気になるところです。

まず高速コーナーですが、4輪の接地感にこだわったモデューロXのサスペンションはコーナリング時のリアタイヤの仕事振りがドライバーに伝わってきます。ロール量を抑えてフラットな姿勢をキープしていますが、フロントヘビーのステップワゴンがコーナリング中にリアタイヤの状況が分かるということだけでもスゴイと思いますし、安心して運転できます。

元々ワクワクゲートを装着することで、リアゲート周りの剛性を上げているステップワゴンですが、モデューロXの専用サスペンションとのシナジー効果によって、レーンチェンジの際のおつりがないのが特徴です。ステアリングを切り始めてからすぐにクルマが動き出し、レーンチェンジを終えた際にもハンドルの修正やクルマの揺れはほとんどありませんでした。

ドライバーにとって無駄な動きの少ないステップワゴンモデューロXの走りは意のままに操っていると感じますし、フラットで揺れの少ない乗り心地はセカンドシートそしてサードシートに乗っている人にとって快適と感じられるはず。まさに乗る人全員が快適に過ごせる移動空間をステップワゴンモデューロXは提供しています。

今回ステップワゴンモデューロXの商品企画を行った三重野祐介さんに話を聞いてみると「ワークスブランドの中では後発ということもあり、まだ多くのお客様にモデューロを知ってもらう状況だと思います。これまでは軽自動車で2台のコンプリートカーであるモデューロXを販売しました。そして初の登録車がミニバンのステップワゴンというのは、我々の目指している意のままに操る運転する楽しさと乗員全員が快適に感じる乗り心地の良さを最も表現し、そして感じていただけるクルマだと思っています。もちろん機能パーツの装着だけでなく、人気装備のナビやETCといったオプション装備を充実させることで、ステップワゴンの最上級モデルと思って頂けると思っております。そしてモデューロXは上質な走りだけでなく、充実した装備という2つの側面によりトータルバランスの優れたクルマと認知していただけると嬉しいです。アフターパーツブランドですので、お客様のニーズに応えられる人気装備を充実させて、モデユーロXというブランドを私たちと一緒にお客様がこれから育てて頂ければと思っています。」

トヨタのG’s、日産のライダー、スバルのSTIとも違うホンダのモデューロXの新しいコンプリートカーの提案。今後の動向も注目していきたいブランドです。

(文・萩原文博、撮影・前田惠介)

リアの高い接地感とフラットな乗り味がステップワゴンモデューロXのこだわり(http://clicccar.com/2016/12/27/426553/)