アメリカのソニー・ミュージックのTwitterアカウントがハッカー集団によってハッキングされ、歌手のブリトニー・スピアーズが死亡したというニセ情報が発信されてしまうという事態が発生しました。さらに、同レーベルに所属するノーベル文学賞受賞シンガー、ボブ・ディランのTwitterアカウントもハッキングの被害を受け、ブリトニー死亡の一報に悲しみのコメントをツイートするという事態になっています。

Hacked Sony Music accounts spread false news of Britney Spears’ death - The Verge

http://www.theverge.com/2016/12/26/14080954/sony-music-twitter-hack-britney-spears-is-alive

Britney Spears falls victim to cruel Twitter death hoax

http://thenextweb.com/insider/2016/12/26/britney-spears-falls-victim-cruel-twitter-death-hoax/

近年は「お騒がせタレント」として有名になってしまったブリトニー・スピアーズですが、今回ばかりはサイバー犯罪の被害に遭ってしまいました。アメリカ時間の2016年12月26日に、Sony Music GlobalのTwitterアカウントで以下のツイートが投稿されました。

内容は「ブリトニー・スピアーズが事故で死んだ!詳細はこのあと #RIPBritny(絵文字)」というものですが、事故死の一報を伝える内容にしては文体がややフランクすぎるようにも感じられ、実際には信憑性を疑う見方も少なくなかった模様。



ファンにとっては大ニュースとなるわけですが、すぐにこれはハッキングによるものと判明。一報からおよそ30分後には、ハッキングによる間違った情報発信だったことを公表するツイートが同アカウントで発表されました。内容には、いつもと異なったIPアドレスからアクセスを受け、そのIPアドレスからツイートが行われていたという事実が記されており、文末にはハッシュタグ「#OurMine」がつけられています。



OurMineは数々のハッキング事件を起こしてきたハッカー集団で、今回の「ブリトニー死亡」の虚報もOurMineによるものであることが確実視されています。問題となったソニー・ミュージックのアカウントのツイートは削除され、ブリトニー・スピアーズの代理人はCNNの取材に対し、ブリトニーの無事を表明しています。





さらに、この騒動に奇しくも巻き込まれているのが、生きる伝説のフォークシンガー、ボブ・ディラン。一報を受ける形で「安らかに @britnyspears」とツイートが書き込まれたのですが、なんとボブ・ディランが絵文字を使うというものすごい状況に。



しかしその後、ツイートがハッキングされたものであることを記し、「ブリトニー・スピアーズはまだ生きています!」というツイートを投稿するという事態に発展していました。なお、Sony Music Globalとボブ・ディランは誤情報を訂正したものも含めて一連のツイートを削除しています。