男心のプロ「キャバ嬢」直伝!モテるボディタッチ方法

写真拡大



ネオン街にきらめく夜の蝶は男心を操るプロ。彼女たちから学べることって実はたくさんあるのです。今回はキャバ嬢直伝のボディタッチの方法をご紹介。知って納得、彼女たちがモテモテの理由。アナタもプロの技を習得して、モテ女子に大変身しちゃいましょう!

■■さりげなく膝を密着させる

ボディタッチって、手で体を触ることだけではないのです。キャバ嬢は接客のとき、必ず体をお客に向け、膝をお客の足に触れさせます。これも立派なボディタッチの1つ。アナタも彼の隣に座ったとき、さりげなく膝を彼の足に当ててみましょう。彼は思わぬところが密着してドキッとするはずです。

また、ボディタッチが嫌だと感じるような彼なら、さっと離れるでしょう。膝を当てれば、相手がボディタッチは好きか苦手かを測ることもできるので便利ですよ。

■■彼の腕時計で時間を確認

キャバ嬢は、勤務中は時計を身につけていません。では、彼女たちは時間を知りたいときはどうするのでしょう?正解は「お客の腕時計を見せてもらう」です。

その際お客の手首を軽くとり、時計が良く見えるように自分の目の前に持ってきます。手を掴まれたお客は心拍数上昇すること間違いなし!この技、知っていて損はありません。「いま何時?」なんて聞きながら、時計を付けている彼の腕をそっと握って自分の顔の前に誘導してみましょう。

■■偶然触れた手はそのままに

キャバ嬢は、お客と話していて偶然ソファで当たった手は意図的にそのままにしておきます。それだけでなく、手が当たった瞬間、お客の顔を見てにっこりほほ笑んだりもするのです。手が当たった瞬間にほほ笑むのは「手が触れたことを好意的にとらえていますよ」という意思表示です。

アナタも好意を持っている男性と話しているときに偶然手が触れたら、すぐに彼を見つめてほほ笑んでみましょう。そのままその手を握られちゃうかもしれません。

■■基本的には太ももに触れる

男の人と話していてさりげなく相手に触れるとしたら、アナタはどこに触れますか?肩?腕??それは素人の考えです。その道のプロのキャバ嬢は「太もも」に触れるのです。「ねえねえ。」なんて話しかけながらさりげなく太ももに手を置く。

相手は動悸がして会話どころじゃなくなるかも?アナタも男性とのトークが盛り上がってちょっと良い雰囲気になってきたら、さりげなく太ももに手を置いてみましょう。

■■聞いて納得、プロの技

キャバ嬢は男性と疑似恋愛をするのが仕事。ドキドキさせてナンボですからボディタッチはお手の物。彼女たちの技を参考に、男心を翻弄させるボディタッチに挑戦しましょう。(パル吉/ライター)

(ハウコレ編集部)