『モダン・ファミリー』

写真拡大

2016〜2017年の秋からの放送シーズンが終了したことを受け、米TV Lineが主要5局(ABC、CBS、FOX、NBC、CW)の各局ごとの全米視聴率ランキングをまとめている。この数字(レーティング)は、初回放送時と同日中に記録した数字の平均値。ABCのランキングは以下の通り。

1位 『モダン・ファミリー』...2.3レーティング
2位 『グレイズ・アナトミー』...2.2レーティング
3位 『それいけ!ゴールドバーグ家』...1.9レーティング
4位 『Speechless』...1.8レーティング
5位 『Black-ish』...1.7レーティング
6位 『ザ・ミドル 中流家族のフツーの幸せ』...1.6レーティング
6位 『アメリカン・ダンシングスター』...1.6レーティング
6位 『American Housewife』...1.6レーティング
9位 『サバイバー:宿命の大統領』...1.5レーティング
10位 『Fresh Off the Boat』...1.3レーティング
11位 『殺人を無罪にする方法』...1.2レーティング
11位 『Shark Tank』...1.2レーティング
13位 『ワンス・アポン・ア・タイム』...1.1レーティング
13位 『Last Man Standing』...1.1レーティング
15位 『The Real O'Neals』...1.0レーティング
16位 『America's Funniest Home Videos』...0.9レーティング
16位 『Dr.Ken』...0.9レーティング
16位 『Notorious』...0.9レーティング
19位 『エージェント・オブ・シールド』...0.8レーティング
19位 『Conviction』...0.8レーティング
19位 『Secrets and Lies』...0.8レーティング
19位 『20/20』...0.8レーティング
23位 『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』...0.7レーティング

シーズン8に突入した『モダン・ファミリー』をはじめ、『それいけ!ゴールドバーグ家』『Speechless』『Black-ish』『ザ・ミドル 中流家族のフツーの幸せ』とファミリーコメディが数多く上位にランクイン。そして2005年から続く長寿ドラマ『グレイズ・アナトミー』が2位に入った。

一方、サスペンス系ドラマは概ね苦戦。キーファー・サザーランド(『24 -TWENTY FOUR-』)主演の新作『サバイバー:宿命の大統領』はトップ10圏内だったものの、ヘイリー・アトウェル(『エージェント・カーター』)主演の新作『Conviction』、ジュリエット・ルイスが敏腕刑事を演じる『Secrets and Lies』、『殺人を無罪にする方法』『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』は低い数字にとどまっている。

次回はCBSのランキングをお伝えするのでお楽しみに。(海外ドラマNAVI)