画像

写真拡大

 一般財団法人 渋谷区観光協会、NTT東日本、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム、マーベリックの4者による公衆無線LANサービスが渋谷駅前にて試験的に提供される。

 一般財団法人 渋谷区観光協会、NTT東日本、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(以下、NTT BP)、マーベリックの4者は、渋谷駅前にて公衆無線LANサービス「PLAY SHIBUYA Free Wi-Fi」のトライアル提供を開始する。

 今回の取り組みでは、NTT東日本とNTT BPが提供する公衆無線LANサービスを活用し、渋谷区観光協会が提供する地域情報、マーベリックが提供するシステムによる各種広告、街のトレンドやイベント情報など、渋谷区ならではの地域に密着したサービスを届けることを目指している。

 また同サービスは、自治体や商業施設などのエリアオーナーが負担する導入・運営コストを、接続時に表示される広告や、位置情報連動型情報提供サービスの収益で補う事業モデルとなっている。

 今後4者は、今回のトライアルの結果を踏まえ、各者それぞれが有するノウハウやツールを結集して「PLAY SHIBUYA Free Wi-Fi」のサービスエリアを拡大していく予定で、原宿駅前については現在検討を進めている。

MarkeZine編集部[著]