ド赤面ッ! 彼氏の隣で「寝屁」してしまった時の対処法6つ

写真拡大

彼との関係が深まれば、おうちデートをする機会もあるでしょう。睡眠中は人間にとって最も無防備な時間! 起きているときなら、ある程度コントロールできる問題も無意識でやってしまう可能性があります。睡眠中のトラブルと言えば、「イビキ」や「歯ぎしり」などが有名ですが、気を抜いてはいけないのが「寝屁」です! もしも気付いてしまったら、あなたならどう対処しますか? 女子意見を集めてみました。

■自己申告

・「『オナラしちゃった♪』とかわいく言う。冗談にしたら、笑ってくれると思うから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「『やっちゃった』とおちゃめに言ってみてごまかす」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

睡眠中であっても、彼に気付かれている可能性が高いなら、自己申告するのがオススメです。このときのポイントは、「かわいらしさ」を意識すること。恥ずかしそうにオナラを自己申告する彼女は、決して悪印象ではないはずです。

■謝る

・「ごめん〜と言う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

こちらは、より率直に「謝ってしまう」という意見ですね。さらりと謝罪したのに、さらに突っ込んでくる彼は、ちょっと子どもっぽいのかも……!? こちらのほうがウンザリしてしまいます。

■スルー!

・「気づいていないふりを続ける。指摘されたら、恥ずかしいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「とにかく寝たフリをして何も気づいてないフリをする。ごまかすと怪しいから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

彼が気付いていても気付いていなくても、とにかくスルー!という意見も目立ちました。たとえ彼が、一瞬「ん!?」と思ったとしても、彼女が認めなければ、すぐに記憶から消えていくはず。お互いに気付かないふりをするのも、思いやりだと言えるでしょう。

■速攻で換気

・「3時間くらい窓を開けて換気をすると思います。たとえ外に雪が降っていてもです」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「布団をはがして換気する」(35歳/医療・福祉/専門職)

音よりも、問題なのはむしろ「ニオイ」なのかもしれませんね。こんな場合には、速攻で換気を行うのがベストです。彼に「どうしたの?」と聞かれたら、「うん、なんかちょっと空気悪くて……」なんてごまかしてみてください。

■開き直る

・「当たり前でしょ? みたいな態度で平然とする」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

彼との絆が深まってきたら、むしろ開き直ってしまうのもアリ? オナラをするのは、人間なら当たり前のこと。「彼女が健康でよかった!」くらいの気持ちでいてほしいものです!?

■実際に……経験アリ

・「したことがあるらしい。起きてから彼に指摘されてずっと笑われ続けた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

こちらは、実際に経験アリ、という女性の意見です。かなり切ないですが、彼の対応は参考になります。「笑い飛ばす」ことで、彼女の気持ちが楽になれば……という気遣いだったと、信じたいです。

■まとめ

もしも「寝屁」をしてしまったら、ぜひみんなの対応方法を参考にしてみて。人間ですから、ずっと隠し続けるのも難しい問題です。二人の今後も踏まえて、自己申告するのかスルーするのか、決めてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数97件(22歳〜36歳の働く女性)