経営コンサルタント/経済アナリスト 中原圭介氏

写真拡大

人がためになる話をしても、マスコミが有用なニュースを流しても、情報の受け手がその価値を見抜けなければ、宝の持ち腐れだ。経営コンサルタントの中原圭介さんは、「情報を生かすには、日頃のトレーニングで脳を鍛えておくことが重要です」と力説する。

脳のトレーニングの前にまず、「思考の材料である知識を貪欲に吸収すべき」というのが中原さんの持論。速く走るには、足の筋肉を太くしなければならないのと同じ理屈だ。若いときは、知識の丸暗記でもかまわないという。

そうした点で中原さんが気になっているのが、若い人が新聞をあまり読まなくなっていること。読んでいても、ネットニュースで断片的に情報を押さえているくらいの若者が少なくない。新聞は社会で起こっている出来事をわかりやすく、まんべんなく伝えている。その新聞を読むのが習慣になれば、知らぬ間に幅広い知識が身につく。

「できれば、新聞は全ページに目を通したほうがいい。でも、関心の薄い記事の場合、リード文を拾い読みしてもかまいません。忙しいときは、重要な情報が載っている1〜3面を読むだけでも、最低限の知識が蓄えられます」

そうしたうえで、本格的に脳を鍛えていくのには本を読むのが最適だという。中原さんは、「できれば哲学書のような、難解な古典に挑戦してほしいですね」という。

古典は人類に長年読み継がれてきた知の文化財。書かれている内容はよく練られ、論理も磨き抜かれている。ただし、当時の知識階級向けに書かれているので、読みこなすにはかなりの読解力がいる。分厚い哲学書の読破は、いわば“脳のフルマラソン”を完走することでもあるのだ。

「哲学書を読んでいれば、合理的な考え方ができるようになり、思考力や洞察力がぐんと高まります。ただし、初心者にはハードルが高いので、哲学の入門書や漫画からスタートしてもいいでしょう」

■似て非なるひらめきと直観

さまざまな書物を読み、思考や洞察を繰り返しているうちに、「直観」によって物事の本質が見極められるようになる。直観は「ひらめき」と混同されやすいが、「両者は似て非なるもの」だと、中原さんは強調する。

ひらめきは過去に得た知識や経験をもとに、その類推や組み合わせから論理的に導き出した結論だ。意識下の脳の働きなので、ひらめきのプロセスを後から検証することも可能である。

一方の直観は、知識や経験がベースとなっている点はひらめきと同じだが、無意識下の顕在化していない膨大なデータをも総動員し、思考力や洞察力をフル稼働させて瞬時に答えを出すものなのだ。

「意識と無意識の中にある“経験知の集大成”が直観なので、ひらめきに比べて思考が広く、深く、判断を誤ることが少ない点が特徴です。ビジネスでも直観からイノベーションが起こるケースがよくあります。経験豊かな経営者にも、直観タイプは多く、その代表格はセブン銀行の立ち上げなど数々の事業革新を成し遂げた、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長でしょう」

ピケティがいう自然と儲けが膨らむ仕組みをつくる“r型人間”は、こうした直観を生む仕組みを持った人なのかもしれない。あなたも「知のアスリート」を目指し、古典の読破で脳のフルマラソンに挑んでみてはどうか。

----------

経営コンサルタント/経済アナリスト 中原圭介
経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ」の経営コンサルタント・経済アナリストとして活動。経済や経営だけでなく、歴史や心理学、哲学など幅広い視点から多面的な分析を行い、その予測の正確さには定評がある。

----------

(野澤正毅=文 南雲一男、宇佐見利明、加々美義人=撮影)