患者増加中の眼病「加齢黄斑変性」をiPS細胞で治す

写真拡大

網膜や肝臓を再生、根本的に病気を治す……医師から転じてバイオベンチャー「ヘリオス」を起業した鍵本氏。そのターニングポイントとなったのは、ある3人の患者との出会いだったという。

京都大学山中伸弥教授のノーベル賞受賞以来、官民を挙げて再生治療の取り組みが進んでいる。実用化に向けてさまざまなバイオベンチャーが生まれており、ヘリオスはその一つだ。

社長の鍵本忠尚氏は熊本県出身で、九州大学医学部卒業。九州大学病院で眼科医として勤めた後にアキュメンバイオファーマを設立。さらにiPS細胞の製品化を目指してヘリオスを設立した。臨床医から転じて起業したのはなぜか? 鍵本忠尚氏と田原総一朗氏の対談、完全版を掲載します。

■患者増加中の眼病「加齢黄斑変性」をiPS細胞で治す

【田原】鍵本さんはiPS細胞の技術を活用して、加齢黄斑変性という病気の治療を目指しているそうですね。加齢黄斑変性は、どのような病気ですか。

【鍵本】目の奥の網膜が変性する病気です。じつは昔の教科書を見ると、「日本には加齢黄斑変性はない」と書いてあります。なぜなら、昔は加齢黄斑変性になる前に白内障で失明していたから。ところが白内障が治る病気になって、加齢黄斑変性を患う方が増えてきた。高齢化も関係しています。人間の身体はもともと50年以上生きるようにできていなかったのに、70、80と寿命が延びて、目の耐用年数を超えてしまったんですね。

【田原】患者は多いんですか。

【鍵本】ものすごく多いです。私は九州大学病院で臨床をしていましたが、毎週木曜日の専門外来には120〜150人の患者さんがいらっしゃいました。いろんな統計があって人数ベースではブレがありますが、この病気の治療薬が2つあり、その世界中の売り上げは約8000億円に達しています。

【田原】治療薬があるということは、治るんですか?

【鍵本】薬で症状を改善することはできます。ただ、2カ月に1回、目に針を刺す注射をしないと再発します。しかもその注射が高くて、1回17万円します。

【田原】年間で100万円は高いですね。それで鍵本さんが新しい治療法を開発したと。

【鍵本】開発したのは理化学研究所の高橋政代先生です。高橋先生は、iPS細胞からつくった網膜色素上皮細胞を移植する技術を確立しました。簡単にいえば、耐用年数を超えて変性した細胞を、iPS細胞からつくった若い新しい細胞に置き換える技術です。我々はその技術を独占的に使える契約を結んで、実用化に向けて動いています。

【田原】治療法はできても実用化は簡単にいかないのですか?

【鍵本】理化学研究所でやったのは、患者自身から細胞を取って、iPS細胞をつくり、新しくできた細胞をシートにしてまた戻すというやり方です。このプロセスに十数名が10カ月かかりきりになるので、どうしてもお金がかかります。利益なしの原価だけで5000万〜1億円です。これではどうやっても一般医療になりません。そこで我々は、ドナーから細胞を取って最終製品を大量につくり、患者に投与するやり方を開発しようとしています。これなら原価は数百万円で済むはずです。

【田原】それでも数百万円はかかりますか。

【鍵本】はい。あとは経済効果の問題です。注射の薬で再発を5年間抑えるための費用は約500万円です。一方、我々のやり方は1回で済むので、500万円より安くできれば日本全体として得をします。また、新しい治療法を実用化できれば、それを海外に輸出して外貨を稼ぐこともできるでしょう。日本に与える経済効果は、けっして小さくないと思います。

■絵描きになりたかったが、医者の道へ

【田原】鍵本さんの半生を聞かせてください。もともと医者志望だったのですか。

【鍵本】いえ、まったく。うちは父が内科で、姉が皮膚科の専門医。ただ、私は中学校のころから描き始めた油絵の世界に魅せられて、本気で絵描きになろうと思っていました。医学部志望に舵を切ったのは高2のころでした。芸大を受けたいと父に言ったら、「何のために進学校に行っているんだ」とこっぴどく叱られまして(笑)。考えてみると、私が尊敬する画家たちは必ずしも芸大に行ったわけではありません。また、いい絵を描くには人間を知る必要があります。人間を学ぶには医学部もおもしろいと思って、進路を変えました。

【田原】医師になってからは眼科をやられた。どうして眼科ですか。

【鍵本】父は内科で血液学をやっていました。血液学には体系だったエレガントさがあって、医学を志す者にとって憧れの学問の一つです。ただ、父の考えは違いました。「血液学者は偉そうな顔をしているが、本当は血液学者が偉いわけではない。イノベーションが起きたのは生化学の領域。血液はサンプルを取りやすくて実験しやすいから、生化学のイノベーションをいち早く取り込んだだけ」。これを聞いたときに、逆にいま他領域のイノベーションを取り込めていない診療科のほうが将来性があるんじゃないかと思い、眼科を選びました。

【田原】眼科は遅れているからこそ、これからイノベーションが起きるということ?

【鍵本】そうです。九州大学病院に薬の処方の本があるのですが、当時、眼科に割かれていたのは3ページだけ。ばい菌を殺す抗菌剤、ステロイド、緑内障の薬の3種類しかメジャーな薬がないという状況でした。いくら何でも、このまま進歩がないはずはないですからね。

■3人の患者との出会いで、創薬の道へ

【田原】そこで聞きたい。九州大学病院で実際に患者を診ていたわけですが、どうして臨床から創薬のほうにシフトしたんですか。

【鍵本】背景には3人の患者さんとの出会いがあります。1人目の患者さんは、大学に合格したのですが、健康診断で悪性のがんが見つかり、あと3カ月しか生きられないことがわかり入院されていた方です。私は実習でその方に病態を聞く必要がありました。しかし患者さんは一言も口をきいてくれなかった。それはそうですよね。これから人生が始まると思っていたところに、余命3カ月と宣告されたのですから。その様子を見て、生きている人間はそれだけで恵まれているのだから、生きている時間を無駄にできない、意味のあるものにしなくてはいけないという思いを強くしました。

【田原】2人目は?

【鍵本】2人目は私が眼科で診た患者さんで、目と脳をつなぐ視神経が腫れていました。病気自体はステロイドを投与することでよくなりました。ところが退院してから1カ月後、ご家族から「自殺をした」と連絡がありまして……。

【田原】どうして自殺したんですか。治ったんでしょう?

【鍵本】視力は回復したのですが、検査しても腫れの原因はわかりませんでした。原因が不明なので、視力が戻った後も不安に駆られていたそうで。この経験から、臨床で症状をよくすることも大切だけど、わからないものをわかるようにする、あるいは治らないものを治るようにする研究に、より大きな意味があるのではないかと思ったんです。

【田原】あともう1人は?

【鍵本】3人目は、いま我々が治そうとしている加齢黄斑変性で苦しまれていた患者さんです。両目とも失明されていて、「生まれた孫娘の顔をまだ見てない」と。たまたま自分の父と同じ年頃の方ということもあって、私にとっても他人事ではなく感じられました。それなのに、臨床医としては「治療法はありません」というしかない。ならば、治せる薬をつくることに自分の人生を使ったほうがいいのではないかと考えました。

【田原】つまり、臨床では限界があるから、薬をつくろうと思ったわけね。

【鍵本】そうです。ヘリオスの会社のロゴは3本の線からできていますが、そのデザインにはいまお話しした3人の患者さんが表現されています。みなさんとの出会いがなければ創薬ベンチャーを立ち上げていなかったと思います。

■スピード感のある開発はベンチャーだからできる

【田原】薬をつくるなら、大学で研究してもいい。でも起業の道を選んだ。どうしてですか。

【鍵本】シリコンバレーに行った経験が大きかったですね。大学を卒業後、スタンフォード大学の友人の寮に転がり込んで3カ月ほど滞在しました。向こうではジェトロ(日本貿易振興機構)にお世話になって、バイオテクノロジーを調査するインターンをしていました。そのとき新しい薬を製品化していくバイオベンチャーの力強さに感心しました。父は大学で研究をしていたのですが、大学には大学のミッションがあって、研究していることがそう簡単に製品にならない。スピードを求めるなら、やはり製品を出すことだけに集中している民間企業のほうがいいなと、当時から考えていました。

【田原】新薬をつくるなら製薬メーカーで研究する道もありますね。既存の大企業じゃダメですか。

【鍵本】組織が大きいと、組織を説得するというところにエネルギーを取られてしまいます。一方、ベンチャーはそもそも薬を出すという目的に納得している人しか入らないので、「この薬、どうですか」などという稟議はいらない。シリコンバレーでそのことを学びました。

【田原】実際に会社をつくったのはいつですか。

【鍵本】1社目のアキュメンバイオファーマ(現アキュメン)を立ち上げたのは、研修医が終わった2005年。28歳のころです。

【田原】この会社で、加齢黄斑変性を治そうと?

【鍵本】目標には掲げました。しかし、経営者としての力不足で、そのときは加齢黄斑変性を治す薬は出せなかった。そのかわり、九州大学の眼科の先生が発明された「BBG250」という薬の製品化には成功しました。目の手術で使う補助剤で、いまでは世界中の眼科医へのアンケートで63.1%の方が「目の手術で使う補助剤は『BBG』が一番いい」と回答する製品に成長しました。

【田原】製品化は簡単にできるんですか。

【鍵本】いや、それはもう紆余曲折ありまして。アメリカで「第III相試験」を行ったのですが、非常に残念なミスをしまして。

【田原】ミス?

【鍵本】BBGを1年間保存した後、粉にして濃度が変わっていないかどうかを調べる試験があります。このとき比較対象となる保存前のBBGの粉を適切に管理できておらず、試験をやり直しすることになりました。問題になったのは湿度です。湿度が低いと粉は軽くなり、高いと重くなりますが、その管理ができていなかったのです。

【田原】それで1年を棒に振ったわけですか。

【鍵本】時間の問題だけではありません。当時リーマンショックがあって、もともと投資環境は厳しかったですが、そこにミスが重なり、提携先から「基礎的な試験で失敗するような会社に追加投資はできない」といわれてしまいました。その結果、27名の社員を3名まで減らさざるをえなかった。患者さんのためになる仕事をしたいといって入社してくれた志の高い社員たちに離れてもらわなければならず、つらい思いをしました。

■ビジネスは勝たなくては意味がない

【田原】資金がなくて、どうやって製品化に漕ぎつけたのですか。

【鍵本】オランダのDORC社と提携して、ヨーロッパで製品化しました。BBGはアメリカや日本だと薬になりますが、ヨーロッパでは医療機器。CEマークという規格を満たせば販売が可能です。ただ、これも販売後に大きなピンチが訪れまして。ドイツの企業に訴訟を起こされたんです。

【田原】どういうことですか。特許を侵害したとか?

【鍵本】逆です。BBGの特許は九州大にあって我々が契約しています。ところが、ドイツの企業は「日本の小さなベンチャーに製品化ができるわけがない」と考えたようで、特許侵害して勝手に商売をしていた。いざ我々が製品化して販売を始めると、慌てて「特許は無効だ」と訴えてきたのです。

【田原】裁判になったんですか。

【鍵本】最終的にはハーグの欧州特許庁で裁判になりました。詳しい話は省きますが、論点は4つあって、その4つすべてで防衛できないと、特許が無効になります。当時20億円の資金調達をしていましたが、もし負けたらすべて吹っ飛んでしまう。裁判は1日かけて行われ、結局我々が勝ったのですが、本当にストレスの大きい1日でしたね。

【田原】よく勝てましたね。

【鍵本】気持ちとしては殴り合いの喧嘩です。日本人の発明は優れているが、ビジネスは弱いとよくいわれます。たしかにお人好しじゃ、この世界で生きていけない。勝たないと意味がないと思って踏ん張りました。

■次に目指すは「iPSで肝臓再生」

【田原】創薬ベンチャーとして軌道に乗った。そこから最初に聞いた加齢黄斑変性の再生医療にどうやって出会うのですか。

【鍵本】BBGを製品化した後に、また、再生医療の一丁目一番地が目の分野ということもあり挑戦するべきと考えました。それで2社目として2011年にヘリオスを立ち上げたという経緯になります。

【田原】ということは、いまは2つの会社を経営しているのかな。

【鍵本】1社目の会社の事業はヘリオスに営業譲渡し、ヘリオスの経営に集中しています。

【田原】ヘリオスというのは、どういう意味?

【鍵本】ギリシャ神話で「太陽の神様」です。オリオン座のオリオンが失明したとき、太陽の光で治したという逸話のある神様です。

【田原】いま社員数や売り上げはどのくらいですか。

【鍵本】現在、社員は50名強です。売上はBBGのロイヤルティだけなので少ないですね。調達した資金で開発資金をまかなっています。

【田原】眼科が再生医療の一丁目一番地とおっしゃった。次は何でしょう。

【鍵本】次は臓器ですね。横浜市立大学の谷口英樹先生・武部貴則先生との共同開発で、肝臓の再生に取り組んでいます。

【田原】肝臓は再生できるんですか。

【鍵本】iPS細胞からは、目の細胞や神経細胞、心臓や細胞の細胞といった、さまざまな細胞をつくれます。ただ、これまで1種類の細胞は再生できても、複雑な立体構造をしている臓器そのものは再生できませんでした。でも、考えてみたら田原さんも私も最初はたった1つの細胞でした。それがお母さんのおなかの中で十月十日かけて立派な人間になっていく。そこには臓器をつくる堅牢なシステムがあるはずで、その原理を解明できれば臓器の再生も可能です。じつは谷口先生と武部貴則先生のお2人が、その原理を解明しまして。

【田原】すごいな。僕にもわかるようにメカニズムを説明してもらえますか。

【鍵本】細胞は1種類だけだと静かにしています。ただ、ある3種類の細胞を混ぜるとスイッチが入って、自ら組織をつくり始めます。その塊を臓器に入れると、まわりの血管を引き込んで循環させ、臓器の組織をつくり、いろんな酵素を出していくんです。この方法で脳や肝臓、腎臓の一部、肺、精巣といった臓器ができることが、谷口先生、武部先生のところですでに確認されていて、特許も出願しています。

【田原】実用化はいつですか。

【鍵本】横浜市立大学では、2019年から臨床研究を開始予定とのことです。最初は比較的やりやすい肝臓からです。

【田原】これで医療の世界は大きく変わりますね。

【鍵本】はい。少なくとも既存の薬のいくつかは要らなくなると思います。たとえばアルコールが飲めない方っていますよね。じつはお酒に弱いのは、肝臓の酵素が1種類だけないことが原因です。それと同じように、生まれつきある酵素を肝臓でつくれなくて、アンモニアを代謝できない患者さんがいます。そのままではアンモニアの血中濃度が上がって脳に障害が出るので、患者さんは注射して酵素を補充しなければいけません。その費用は5000万〜1億円です。しかし、肝臓の一部を置き換えてあげれば注射がいらなくなる。我々が取り組んでいるのはそういう技術です。

【田原】おもしろい。でも、そんなにすごい技術だと、ほかの会社も放っておかないんじゃないですか。

【鍵本】特許については、世界中で独占的に我々が使える契約になっています。ただ、BBGのときと同じように、製品化したら潰しにくる企業が現れるでしょう。そこは死ぬ気で守ります。

■再生医療の分野で日本が世界一になる条件

【田原】最後に産業としての再生医療について話を聞かせてください。再生医療の分野で、日本はナンバーワンになれますか。

【鍵本】医薬品の歴史を振り返ると、これまで大きなイノベーションは2回ありました。1度目は、「バファリン」のような粉薬の登場。2度目は、タンパク医薬の登場です。残念ながら日本はタンパク医薬の波に乗り損ねて、リーダーシップを取れなかった。アメリカのアムジェン、ジェネンテックといった企業がタンパク医薬で何兆円企業に成長したことと比べると、対照的です。

【田原】どうして日本は波に乗れなかったんだろう。

【鍵本】新しい技術はリスクがあります。やるなら腹を据えて最後までやり切る必要がありますが、そのリスクを背負えなかったんでしょうね。

【田原】腹が据わらないというのは、日本人の特性ですかね?

【鍵本】日本人の特性かどうかはわかりませんが、日本の株式会社での意思決定が保守的だったということはいえると思います。再生医療は、そうならないといいのですが。

【田原】再生医療は、アベノミクスの成長戦略の一つになっていますね。国としてのバックアップはどうですか。

【鍵本】いまのところ非常にいいですよ。やはり山中伸弥先生がiPS細胞の発明者であったことが大きい。山中先生は人格者です。政府、産業界含めてみんな応援したくなるようです。

【田原】じゃ、いまはいい流れですか。

【鍵本】はい。あえて懸念を一つ挙げると、内弁慶になってしまうことでしょうか。再生医療の分野でいま日本はリードしていますが、日本だけで何でもできると過信すると、かつての携帯電話のようになってしまう。いい流れだからこそ、外のイノベーションも取り込んでいくことが大切です。我々は日本企業ですが、技術に色はない。海外のものも積極的に取り入れ、産業界でデファクトを取っていきたいです。

【田原】わかりました。ぜひ頑張ってください。

■鍵本さんから田原さんへの質問

Q.再生医療で人は幸せになりますか?

【田原】再生医療が進むと、人間の寿命は150歳まで伸びる可能性もある。そこまでいくと、人間は生きる意味を問い直さざるをえないでしょう。

人はなぜ生きるのか。その答えを示唆してくれるのは「哲学」と「宗教」です。10代のころ、僕は宗教に興味を持ち、道場破りのようなことをやっていました。終戦を機に価値観をガラッと変えた社会に不信感を持ち、生きる意味がわからなくなったからです。残念ながら宗教では納得のいく答えは得られませんでした。その後は哲学に傾倒。哲学書を読んでも答えはわからなかったけど、生きる意味を考える過程にこそ意味があると思うようになりました。再生医療が進むと、同じように宗教や哲学に興味を持つ人が増えるかもしれませんね。

田原総一朗の遺言:哲学を学んで、生きる意味を問え!

----------

編集部より:
次回「田原総一朗・次代への遺言」は、One JAPAN/One Panasonic代表・濱松誠氏のインタビューを掲載します。一足先に読みたい方は、12月26日発売の『PRESIDENT1.16号』をごらんください。PRESIDENTは全国の書店、コンビニなどで購入できます。
 

----------

(村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影)