JK課・よのなか科“評価しない”の価値

写真拡大

教育の現場に「評価」はつきもの。これを手放すと、人や組織にはどんな変化が起きるのだろうか。「鯖江市役所JK課」の仕掛人である若新氏と、「よのなか科」を創設した藤原和博・奈良市立一条高等学校校長が、正解のない時代における「変化の価値」について語り合う。

■評価のない「出島」をつくる

【若新雄純】女子高生がまちづくりを楽しむ「鯖江市役所JK課」では、彼女たち自身が試行錯誤しながら学んでいくといプロセスを大事にしたかったので、市役所の職員には「教えようとしないでください」とお願いしました(対談前編参照 http://president.jp/articles/-/20876)。それと合わせてセットでお願いしたのは、「大人の基準で評価しないでほしい」ということでした。

それまでJK(女子高生)にとって、家庭外での大人との関わりは「何か言えば点数をつけられる」「100点満点に対して何点足りないか評価される」というものがほとんどでした。だから最初のうちは、JKたちはどうしても大人たちの様子を探る感じになっていました。

【藤原和博】地域活動だからといって、メンバーの誰かに市長賞とかMVP表彰とかをあげてしまったらダメだよね……。

【若新】そう、言いたいことを自由に言えなくなります。でも、大人による評価のない場をつくると安心感ができて、JKたちは自由におもしろいことを言うんです。たとえばコスプレしてごみ拾いするというイベントを実施したとき、市の職員に向かって「(市指定の)ごみ袋がダサい。これじゃ持ち歩きたくない」って。これに対して市長は、彼女たちが求める「かわいいかどうか」といった感覚が大事なんだと納得していました。

それから、市内に駐屯する自衛隊から、若者と交流したいという依頼がありました。その打ち合わせで自衛隊を訪れたとき、JK課メンバーが言ったのは、「迷彩の制服がイケてない。それでは誰も近づかないから、今度私服で来てほしい」って。こういうことは、評価がつきまとう大人社会ではなかなか言えませんよね。

【藤原】それはすごくいい話ですね。JK課の活動は、学校の授業でもないし、部活とも違う。どちらかと言えば「出島」みたいなものじゃないでしょうか。僕も学校改革を進めるときは「出島」をつくって、学校の授業とは全然違うモードで、どんな化学変化が起きるか様子を見ます。生徒たちにとってその場所は、第2の保健室や図書館なのかもしれない。つまり大人から一切評価されない場所。だから自由なことが言える。

■偶然や変化の価値

【若新】「出島」の例えはすごく納得です。JK課は、鯖江という地方のまちだからこそ実現できたと思っています。できあがった大規模なシステムを中央部分から変えるのは難しいですよね。でも、危機感を持った辺境地や小さい端っこのほうは、案外ルールなどを崩しやすい。JK課は、日本社会の「出島」で起きた変化なのかもしれません。

企業も「イノベーティブな組織をつくろう」と言いながら、いきなり本丸を変える勇気はない。そうであれば、価値や尊厳が認められた「社内出島」をつくって、そこで活躍できそうな人を配置するのがいいと思います。

【藤原】僕がリクルートで新規事業を担当したとき、社内の一角にビーチパラソルと丸テーブルを置いて、そこだけモードを変えたんです。まさに出島です。インターネットが登場する前でしたが、もう一度メディアについて考えるという目的で、社内の変わり者を集めて議論しました。それがメディアファクトリーの立ち上げにつながるわけです。

出島が出島であるためには、目標数値でマネジメントしてはいけません。いろんな人が自由に立ち寄って、意見やアイデアを落としていくような場所であるべきです。そうでなければ化学変化は起きないでしょう。

【若新】藤原先生のお話には「変化」という言葉がよく出てきますが、僕も「変化」が新しい価値や報酬になると思ってます。でも、「変化に価値がある」ことを多くの人にイメージしてもらうのはなかなか難しいようで……。たとえば「JK課」を政策化するとき、僕は「年間計画はたてず、具体的な活動内容は本人たちに考えてもらう」ことを条件にしました。ところが議会からは、「税金を使う公共事業なのに、目標や計画をしないなど非常識だ」と言われ、なかなか理解してもらえませんでした。

それで今度はJK課が世間的な成功を収めると、「それはたまたまうまくいったんだろう」と言われる。でも、その「たまたま」が大事だと思うんです。想定外の「新しい何か」が生まれたことに価値がある。これをどう伝えていくのかは、僕の課題でもあります。

【藤原】目標を設定せずに結果として変化が起きた例は、僕が(杉並区立)和田中学校の校長を務めていたときにもあります。当時、杉並区23校中21位だった和田中の学力テストの成績が、英語・数学・国語でトップになりました。特に目標設定したわけではありません。さらに興味深いことに、「和田中学校区」が売りになって、周辺の地価が上昇したんです。地元の地主さんたちからは、「アパートの空室率が下がった」と感謝されましたよ。

僕が思うに、昨日より今日、今日より明日がよくなると実感できれば、実体経済までも動かしていく。変化とはそういうこと。もし実体経済を動かそうと狙ったとしても、そうはならなかったでしょうね。

【若新】なるほど。「変化」という状態をつくっていくと、前向きなエネルギーや動きが生じやすくなって、いい結果にもつながる。変化しやすい場所は実体経済につながる何かが起こりやすい、という価値があるんですね!

■「おもしろい」という新しい報酬

【藤原】それと、変化を起こすときに僕が大事だと思うのは、これは経営学でも学校教育でも聞かれないワードですが、みんなが「おもしろがれる」かどうか。たとえば近年「学校を(地域社会に)開く」ことがかけ声になっていますが、参観日を増やすだけでは効果はありません。なぜなら、おもしろくないところに人はやって来ないからです。人が集まるとすれば、面白いから人の情念が結集する、エネルギーが集まってくる。エネルギーレベルが高まれば、実体経済にまで影響を及ぼすということです。

【若新】同感です。おもしろさが大事だと思った例がJK課でもたくさんあります。消防署から依頼があって行ってみると、職業体験用のコスチュームとビラが用意してありました。そこでメンバーの1人が言ったのは、「こんな格好でビラ配っても、意味なくないですか?」って。

では、どうしたらいいと思うか聞いてみると、「消防車を出動させて、はしご車に上って火の用心を訴えたい」と言うわけです。職員が消防署の人と相談すると、「やったことないけど、面白そうだね」と乗ってきちゃった。ただ、そのためには消防車を安全に設置する広い場所が必要です。すると地元のショッピングセンターの店長が、「おもしろそうだね、駐車場を封鎖するからやって」と駐車場を貸してくれたんです。

なんというか、おもしろさが高まるとコラボレーションが始まるんですよね。「おもしろさ」が、積極的に活動することへの新しい報酬になっているんだと思うんです。

【藤原】「新しい報酬」。いいワードですね。教育の現場でも、この「新しい報酬」の仕掛けが必要だと思います。これまで学校は、地域の人たちに手伝ってもらうことを当然だと思ってきました。たとえば運動会のとき、自転車置き場を保護者が整理するのは当たり前。そのために保護者が自分の子どもの走る場面を見られなくても、です。それは「子ども」という「人質」とのトレードです。そのことを先生たちはあまり意識できていません。

【若新】自治体も同じです。自治体が市民の個人情報を預かり、暮らしを支える社会保障サービスも握っています。市民はそれと引き換えに公共への寄与を求められてきた部分があります。だから自治体と市民の間に緊張関係や距離が生まれるのは当然です。市民参加の考え方が「責任を果たす」ものから、「おもしろいから参加する」ものへと変わっていくといいんですけどね。

(次回につづく)

(藤原和博、若新雄純=談 前田はるみ=構成)