菊池篤也●エン・ジャパン株式会社 人材紹介事業部・事業部長。前職は大手人材紹介会社でキャリアコンサルタント、人事、事業企画、新規事業立ち上げなどを経験。2013年エン・ジャパンに入社し、エン エージェントの立ち上げに携わる。

写真拡大

転職して年収が上がるとはかぎりませんが、チャンスがあるのに見逃している人も!? ここでは、収入アップにつながる転職について、転職コンサルタントや転職成功者にインタビューしてきました!

女性が転職するケースでは営業経験者が多く、管理部門系の人事、経理、総務、秘書やアシスタント職の人も全般に増えている。基本的には今までの経験を活かしながら、環境を変えたいと望む傾向が強いと、エン・ジャパンの菊池篤也さんは言う。

「年収が上がらない、将来的に不安だからという理由もありますが、実際には今の環境での人間関係にストレスを感じて転職する方が多いですね」

人材サービスを利用する女性は20代後半〜30代後半の層が厚く、転職後の「ライフイベント」も見据えている。出産・育休後の復帰など、将来の生活設計も想定したうえで、よりキャリアアップにつながる仕事を希望する。

とはいえ同じ業界・職種でも、環境を変えるには相当なパワーが求められる。それだけに冷静な判断が必要だ。

「理想の転職はないと思っています。もちろん仕事で目指すことはあっても、むしろ目の前の課題を解決したいから箱を替えるという、いわば妥協の転職に近いでしょう。そのためには業界、仕事内容、環境という軸において、自分がどこにストレスを感じているのかを把握し、新たな環境でどこまで改善できるかを見極めることが大事です」

さらに年収アップのためには、仕事の回し方や実行力など、環境や境遇が変わっても「どこでも通用する能力」を持つことが一番の武器になりそうだ。

▼転職コンサルタントが教える100万円アップする転職成功の秘策

1. 今までのキャリアを通して自分の現状を把握する
どんなスキルがあり、どういう仕事の回し方をしてきたか。情報収集が得意なのか、計画性が高いのかなど、「スキル」「知識」「能力」の3つの軸で整理してみる。

2. 解決したい課題を明確にし必要な情報を収集する
自分はどの能力を伸ばしていきたいか、何を解決したいのかを認識し、そのために何が必要かを考える。そのうえで望ましい環境やポジションを得られる企業の情報を集めていく。

3. 一時的に年収は下がっても将来的な「投資」と覚悟する
初年度の年収は下がっても、そこで能力を伸ばしていくことでその先の年収アップにつながる。下がった分は自分への「投資」と考え、生涯年収を高めるような転職を目指したい。

ケース1:胸に抱く目標は、「35歳で年収1000万円」
●河野祐子さん(仮名)場合
職種:医薬品の開発支援に関わるクリニカル・リサーチ・アソシエイト
転職のきっかけ:同業種の知人が、年収アップできる会社を紹介してくれたため。
成功の秘策:目標!

学生時代は薬学部で学び、薬剤師としてドラッグストアに就職。迷いなく選んだ道だが、実際に働いてみると、思い描いていたイメージとのギャップを感じたという河野祐子さん(仮名)。

「ずっとこの仕事を続けていけるのかと思いました。楽しい仕事ではあるけれど、先々の自分の人生を考えたとき、ビジネスウーマンとしてキャリアを積むのとは方向性が違うかなと……」

薬学部の同級生や身近な先輩に話を聞くと、企業で働く人もいれば、さまざまな職種で活躍する人たちもいる。自分がキャリアを形成するにはどういう道があるのかをリサーチしたうえで、転職サイトに登録したのだった。

「まずは収入を上げていきたいという希望がありました。薬剤師の初任給は420万円ほどで待遇も悪くなかったけれど、収入を上げていくことは難しい。だから、目先の給料というよりは、5年後、10年後にどういう収入の上がり方をするのかを見据え、女性でも長く働ける仕事に就きたいと思っていたのです」

当時はまだ世間を知らなくて……と苦笑しながらも、「35歳で年収1000万円」を目標に決めたという河野さん。1年後にはドラッグストアの薬剤師を辞めて、転職した。

次に選んだのは医薬品の開発支援をする仕事だった。製薬メーカーが医薬品を開発するにあたり、臨床現場である医療機関にアクセスしてドクターと協議したり、薬品のプレゼンテーションをする人材を派遣する業界がある。

河野さんは自分が学んだ知識も活かせることからその業界へ入り、最初はベンチャー企業へ就職。「クリニカル・リサーチ・アソシエイト」として、メーカーへ出向することになった。

「自分が関わった医薬品が世に出ていく喜びがあり、達成感もありました。医療機関とのやり取りを通して、ビジネスのコミュニケーションスキルを学ぶことができ、プレゼンテーションの場で度胸も身についたので、チャレンジして良かったですね」

3年半勤めた後、同業の知人の紹介でさらに規模の大きい会社へ転職。そこでは福利厚生がより充実し、年収も200万円アップした。

一方、同じ業界でも薬剤の種類は多岐にわたるので、新しい知識を求められる。新薬の開発にしのぎを削る業界だけに精神的なプレッシャーもかかる。プロジェクトでの責任も増し、その先にはマネジメントスキルを身につけるための課題も見えてきた。

「それが年収アップとキャリア形成につながっていく。私にとっては自分のライフスタイルとともに、収入が大きいファクターになっています。自分の生活はもとより親の老後など先々への備えを考えたら、やっぱり自分に力をつけて稼ぐ必要があるので」と微笑む河野さん。現在は31歳だが、35歳で年収1000万円という目標は変わらない。明るい笑顔の内には家族を支える思いも秘められていた。

(歌代幸子=文 冨田寿一郎=撮影 エン・ジャパン=取材協力)