“音楽番組MC”イ・ソウォン「防弾少年団のステージに感心…本当にプロだと思った」

写真拡大 (全2枚)

KBS 2TV「ミュージックバンク」のMCとして活躍しているイ・ソウォンが防弾少年団を絶賛した。

イ・ソウォンは「@Star1」2017年1月号のグラビアで女心を捉える“彼氏ルック”を披露した。

撮影後に行われたインタビューでは「ソン・ジュンギ、パク・ボゴムなど、所属事務所の先輩たちの後を継いでKBS 2TV『ミュージックバンク』のMCとしてデビューした感想は?」という質問に「新人時代に出会えるチャンスなので、さらに大切だ。先輩たちが素晴らしかったので、そのレベルに相応しい姿を見せなければならないと思っている」と答えた。

続いて「先輩たちはどんなアドバイスをしてくれたのか?」という質問に「ボゴム兄さんは自分がMCをした時の写真などをメールでたくさん送ってくれた。我が社(Blossomエンターテインメント)の先輩たちが皆チェックをしてくれて、驚いたし感謝している」と伝えた。

また「特別に印象深いアイドルはいたか?」という質問には「防弾少年団のステージを見て感心した。慶州(キョンジュ)で行われたステージが滑りやすくて、悪条件だった。そんな状況でも正確にカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧な刃物のように合わせるダンス)を披露する姿を見て、本当にプロだと思った」と答えた。

最後に2017年は休まず作品に出演したいと話し、時代劇を皮切りに遊び人役、利己的なキャラクター、悪役など多彩な役に挑戦してみたいと覚悟を示した。

23日発売の「@Star1」1月号では、イ・ソウォンと共に行った「オ!マイソウォン」というコンセプトのグラビアを確認することができる。