実力派2人が共演 (c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

 ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが共演したロバート・ゼメキス監督作「マリアンヌ」の日本オリジナルとなる予告編が、完成した。

 第2次世界大戦中の1942年、モロッコ。イギリスの諜報員マックス(ピット)とフランス軍のレジスタンス・マリアンヌ(コティヤール)は、ドイツ軍大使の暗殺任務のために夫婦を装ううち、互いに心ひかれていく。終戦後、ロンドンで結婚式を挙げて本当の夫婦になった2人だが、マリアンヌにある嫌疑がかかったことからマックスの心は激しく揺れ動く。

 予告編では、砂嵐に包まれた車中でのラブシーン、マリアンヌがマックスに“お姫様だっこ”される結婚パーティの様子、空襲が迫り来る野外での出産シーン、家族でピクニックする団らんのシーンなどをまじえ、2人が家族になるまでの過程が時系列順につづられる。だが、マリアンヌにある容疑がかかったことから夫婦生活は一変。疑惑が事実だった場合、「妻を始末しなければ君を処刑する」と上官に通達されたマックスは、妻の潔白を証明しようと半狂乱になっていく。映像は、悲痛な表情で抱き合う夫婦の姿や、フードをかぶり意味深な表情を浮かべたマリアンヌ、雨の中大粒の涙を流すマックスをそれぞれとらえたシリアスなシーンで幕を閉じる。

 ピットが、妻を愛しつつも疑念を深めていくマックスの複雑な胸中を繊細に演じている一方、オスカーに輝いた「エディット・ピアフ 愛の賛歌」や「君と歩く世界」、「サンドラの週末」などで存在感を放つコティヤールがミステリアスな雰囲気をまとった妻になりきっている。

 「マリアンヌ」は、「コードネーム U.N.C.L.E.」のジャレッド・ハリス、「裏切りのサーカス」のサイモン・マクバーニー、「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」のリジー・キャプラン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のマシュー・グードらが脇を固める。2017年2月10日から全国公開。