「夜空はいつでも最高密度の青色だ」ティザービジュアル (C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

写真拡大

 石井裕也監督が、最果(さいはて)タヒさんの詩集を映画化した「夜空はいつでも最高密度の青色だ」が、2017年5月13日に東京・新宿ピカデリー、渋谷ユーロスペースで先行公開、5月27日から全国公開されることが決定した。あわせて、田中哲司、松田龍平ら追加キャストとティザービジュアルも発表され、エンディング曲をスリーピースバンド「The Mirraz」が手掛けることがわかった。

 若者を中心に人気を博す最果さんは、平易な単語による透明感のある言葉遣いが特徴的な詩人。石井監督は、40編以上からなる最果さんの同名詩集の世界観を基に、排他的な東京で生きづらさを抱えながら暮らす若者2人の恋物語として脚本を完成させた。映画の舞台となるのは、17年の東京。看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働く美香と、日雇い労働者の慎二が生きるすべを模索しながら、互いに惹かれあっていく様を描き出す。

 美香役として主演に抜てきされたのは、俳優の石橋凌と女優の原田美枝子の次女・石橋静河。石井組は「ぼくたちの家族」以来2度目となる池松壮亮が慎二を演じるほか、ともに工事現場で働く慎二の同僚役として田中と松田が出演。そのほか、市川美日子、佐藤玲、三浦貴大といったフレッシュな顔ぶれが作品に彩りを添えている。

 公開されたティザービジュアルは、原作本の表紙デザインを彷彿とさせる赤と青の水玉模様をランダムに配した1枚。都会の喧騒の中で、美香と慎二が同じ方向に視線を送るカットに加え、「透明にならなくては息もできないこの街で、きみを見つけた。悪い予感だらけの今日と明日が、少しだけ、光って見えた。」という2人の恋路に“希望”を予感させるコピーが印象的な仕上がりだ。

 石井監督たっての希望でエンディング曲に採用されたのは、「The Mirraz」が13年6月に発表した楽曲「NEW WORLD」。「石井監督には何かと縁やシンパシーを感じていた」という「The Mirraz」のフロントマン・畠山承平。メッセージ性の強い楽曲と映画のマッチングに不安を感じていたものの「作品を見て、最後にエンドロールに流れる自分の曲を聴いて、ああそうか、この作品にぴったりだったんだなぁ、と納得し、感動しました。自分でもわかっていなかったこの楽曲が持つパワーに圧倒されました」と激賞のコメントを寄せている。

 「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、17年5月13日に東京・新宿ピカデリー、渋谷ユーロスペースで先行公開、5月27日から全国順次公開。