第1回全党初級党委員長大会で閉会の辞を述べた金正恩氏(2016年12月26日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が、23日から25日まで行われた第1回全党初級党委員長大会の閉会の辞を述べた。朝鮮中央通信が26日、報じた。

金正恩氏は「行く道は遠く、課題は膨大であり、あらゆる敵対勢力の妨害策動によって依然として困難を帯びている闘争行程で朝鮮労働党は広範な人民大衆を信じて彼らに頼っている」と述べた。国際的に厳しい状況が今後も続くことが予想される中、内部結束を強調する意図が見られる。