肉親も側近も信用できない KCNA/新華社/AFLO

写真拡大

 北朝鮮に対し、厳しい姿勢で臨んできた韓国の朴槿恵大統領の政治危機に、金正恩朝鮮労働党委員長はさぞかし、大喜びに違いない。

 が、日を置かぬうちに今度は、正恩氏を不安にさせる材料が持ち上がった。正恩氏を「狂人」扱いし、北への軍事力行使も辞さない、と強硬な発言を繰り返してきたドナルド・トランプ氏の米大統領当選である。ジャーナリストの城内康伸氏が若き暴君の“心奥”に迫る。

 * * *
 金正日総書記の死去を受けた正恩体制は12月17日で発足5年を迎える。彼の統治スタイルを語る時、キーワードは“恐怖統治”である。

 2012年に李英鎬軍総参謀長(当時)、2013年に叔父の張成沢国防委員会副委員長(同)、2015年には、玄永哲人民武力相(同)を粛清するなど、韓国の情報機関・国家情報院によると、2016年9月までに164人の幹部を処刑している。2016年になって処刑された幹部の数は2015年の2倍以上に上る。

 正恩氏は幼少年期、スイスなど海外で暮らし、父親の急逝で、政治経験不足のまま、わずか27歳で権力を継承した。2016年1月に32歳になったばかりだ。父親に尽くしてきた忠臣や幹部らへの劣等感のために、強いストレスを抱えているとされる。

 労働党関係者の間では正恩氏の性格について、「気分次第で怒り出す」「衝動的」というのが定評になっている。

「権力維持に対する不安感から、小さな過ちでも幹部を粛清する。大部分は独断で決め、成果に不満があると、幹部に責任を転嫁して残酷に処罰している」。正恩氏に関して、国家情報院は2015年7月、韓国国会の情報委員会でこのように指摘した。

 国家安保戦略研究院の李寿碩首席研究員が2015年11月に発表した報告書によると、正恩氏は崔竜海氏や黄炳瑞総政治局長ら父親ほどの年配者である側近を、「この野郎」「処刑してやろうか」などと口汚く罵り、幹部には「俺が壁を門だと言えば、開けて中に入る心構えが必要だ」と無体な要求をするという。

 2016年8月に処刑された事実が判明した金勇進副首相は6月末の最高人民会議の席上、メガネをはずして拭いていたことが正恩氏の逆鱗に触れ命を落とした。横領や韓国ドラマを視聴したなどの理由でも、多くの幹部が処刑されている。

 正恩氏は最高指導者に就任して早い時期には、酒をあまりたしなまなかったとされる。しかし、国家情報院によると、最近では毎週3、4回は深夜まで宴会を催し、暴飲暴食の日々を送る。泥酔することもあるようだ。ストレスに起因するとみられ、その影響で、4年前には90kgだった体重が、今では130kgにまで増えたという。

●しろうち・やすのぶ/北朝鮮事情に精通するジャーナリスト。主な著書に『猛牛(ファンソ)と呼ばれた男』『昭和二十五年 最後の戦死者』『朝鮮半島で迎えた敗戦』など。

※SAPIO2017年1月号