金正恩氏

写真拡大

韓国に亡命した北朝鮮のテ・ヨンホ前駐英公使が、ソウル市内の某所で19日に行われた韓国の与野党幹部との懇談会で、次のように説明したという。

北朝鮮では地位が上がるほど、監視が強まり自宅内の盗聴が日常化されている。玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)元人民武力部長(韓国の国防部長官に相当)が処刑されたのも、自宅での失言が原因だった――。

「ブタ」呼ばわり

また、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が22日に伝えたところでは、北朝鮮の高級幹部らは30分単位で監視されているという。

脱北者で、チェコ駐在の貿易会社社長を務めていたキム・テサン氏がRFAに語ったところによれば、総理・副総理クラスの要人ともなると、地方党組織、国家保衛省(秘密警察)、人民保安省(警察)、三大革命小組の4つの組織が30分刻みで動向を把握し、中央党に報告する。

さらに、連隊クラス以上の部隊を率いる軍指揮官たちは、100パーセント盗聴を受けているという。

史上最悪の監視国家である北朝鮮はかつて、ジョージ・オーウェルが小説『1984年』に描いた世界と対比されたりしたものだが、まさにそれを地で行くものと言える。

もっとも、北朝鮮社会の現状は、当局がいくら監視を強めてみても、国の隅々までを見張るのは困難であり、人々の頭の中を覗くのは不可能であることを示しているとも言える。

当局が拷問をしようが公開処刑をしようが、外国のドラマや映画を楽しむ人々はいなくならない。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

また、金正恩党委員長が国民の歓心を買おうと、メディアに露出すればするほど、独特のブラックユーモアで揶揄されてしまう始末だ。

たとえば今年8月、正恩氏は「大同江(テドンガン)ブタ工場(養豚場)」を現地指導した。この現地指導がテレビで放映されるやいなや、正恩氏を「テジ」と呼ぶことが流行りだしたのだ。テジとは、朝鮮語でブタのことだ。庶民らはこの放送を見ながら、喜々として正恩氏をあれこれと揶揄したという。

仮に、北朝鮮当局が人の頭の中を覗き見る技術を開発し、正恩氏を一度でも嘲笑ったことがある国民を処罰することに決めたら、どうなるか。たぶん、処罰を逃れられる人はひとりもいないだろう。そうなったら、さすがの正恩氏も恐怖政治を振りかざすことはできない。

恐怖政治に頼る金正恩体制の支配は強力であるようにも見えるが、何かきっかけさえあれば、大きな変化を起こせるかもしれない。