©2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

2016年12月23日(金・祝)に公開された映画『ピートと秘密の友達』。

【写真3枚】ディズニー映画『ピートと秘密の友達』フォトギャラリー

ディズニーが冬休みに贈る、人間とドラゴン、血の繋がりを超えた「家族」の物語。ネタバレなしで紹介します。

エレクトリカルパレードでおなじみピートとドラゴンのリメイク

『ピートと秘密の友達』は、1977年の映画『ピートとドラゴン』の実写リメイク版。

『ピートとドラゴン』は実写とアニメーションの合成で作られ、実写世界にドラゴンのエリオットがアニメーションで合成されるという形式の作品です。

日本では公開されることがなく、映画自体はほとんど知られていません。

しかし、ピートとドラゴンのエリオットというキャラクターは「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」でよく知られています。

『ピートと秘密の友達』は『ピートとドラゴン』の音楽やストーリーを引き継がず、全く新しい物語として描きなおしています。

元の作品を観たことがなくても何の問題もなく今作を観ることができます。

あらすじ

大きな森で両親を失った5歳の少年ピート。

彼は自分の色を消し隠れることができる、大きなドラゴンと出会います。

それから6年後、ピートはドラゴンをエリオットと名付け、2人で仲良く暮らしていました。

ある日、ピートとエリオットが住む森に、製材業のため木を伐採しようとする人間たちがやってきます。

ピートはグレースと娘のナタリーに出会い、孤児として街に連れて帰られ、徐々に打ち解けていきます。

一方、ピートを心配したエリオットは人間に見つかってしまい、捕獲計画が持ち上がります。

果たしてピートとエリオットはどうなってしまうのか…

様々な「家族」が主役の物語

主人公は幼くして両親を失った少年ピート。

彼が仲良く暮らしていたのは、同じく一匹で生きてきたエリオット。

人間とドラゴンという関係ながら、彼らは「家族」のように過ごしてきました。

一方、人間の街では、女の子ナタリーとその母親グレースという家族がメインとなります。

グレースにはかつてドラゴンを見たと語る父ミーチャムがいますが、現実しか信じないグレースとは噛み合いません。

グレースの恋人ジャックは材木業を営んでおり、利益のために森の伐採を進める兄のギャヴィンとは、ぎくしゃくした関係です。

家族を超えた「家族」の繋がり

それぞれが家族との関係に悩む中あらわれた孤児とドラゴンという「家族」。

森で暮らしてきた孤児と、巨大なドラゴンの登場で、街は大騒ぎに。

それぞれの想い、利害が交差していくうちに、ぎくしゃくしていた「家族」の関わりが変化していきます。

自分の目に見える単純な現実と生活だけでなく、より広い視点で物事を見ていけば、お互いの関係はより良い「家族」になれると教えてくれます。


映画『ピートと秘密の友達』
2016年12月23日(金・祝)から公開中