中国・琿春の市街地(出所:Wikipedia)


 中国東北部、吉林省の最東端に位置する琿春(コンシュン)市は、北朝鮮およびロシアと国境を接する地だ。先日、琿春で生まれ育った中国人と都内で会ったところ、筆者にこう語った。

「琿春は今、大きく変わろうとしていますよ」

 筆者が訪れたのは、10年以上前の2005年だ。その頃と比べると、見違えるほど開発が進んでいるという。

 琿春は内陸都市だが、市内の防川という地に立つと、左にロシア、右に北朝鮮の国境を見渡せ、正面の図們江(ともんこう)という川を15キロほど下れば、そこはもう日本海だ(下の地図)。

ピンク色の部分が琿春市。ロシア、北朝鮮と国境を接している(Googleマップ、以下同)


(*配信先のサイトでこの記事をお読みの方はこちらで本記事の図をご覧いただけます。http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48751)

 琿春はこの地の利を生かして、1990年代初頭から開発を進めてきた。まず、国連開発計画(UNDP)が打ち出した共同開発計画に基づき、琿春、ロシアのポセット、北朝鮮の羅津をつなぐ国際的な物流、貿易、工業の拠点にしようという動きがあった。また2000年代中盤には、琿春と北朝鮮、韓国、ロシアの「港の一体化」を描き、インフラ整備を着々と進めていた。筆者が訪れたのはちょうどその頃だった。

北東アジアの重要な物流拠点に

 開発はその後、さらに進んだ。かつては“発展に取り残された中国東北部の町”だった琿春は、今やすっかり生まれ変わった。

 市内には近代設備を備えた水産加工会社が集積し、水産加工の拠点となっている。北朝鮮のカニがここを経由して、中国市場に高級食材として出荷される。

 ロシアから輸入した木材の加工も盛んだ。中国での伐採制限が厳しくなったのに伴い、2015年以降、ロシアからの木材輸入が本格した。2016年夏からは、それらの木材が上海に出荷されるようになった。

 琿春では、北朝鮮から出稼ぎに来る労働者も数多くいる。2010年以降、琿春は公式に北朝鮮からの労働者の採用に乗り出した。“基本給1500元で働く勤勉な労働者”は琿春の労働現場を支え、新たな産業も生み出す可能性をもたらしている。

 また、2015年には、琿春とロシア・ザルビノ港、韓国・釜山港を結ぶ航路が開通した。さらには長春と琿春を3時間で結ぶ鉄道が開通するなど、交通インフラの整備も加速している。

 琿春は北東アジアの重要な物流拠点を担いつつある。冒頭の中国人の言葉「琿春は大きく変わろうとしている」――が耳にこだまする。

日本海進出の本当の目的は?

 さらに、琿春は中国と日本海とをつなぐ交通の要衝であり、今話題の「一帯一路」の拠点としてもクローズアップされている。

 ロシアから輸入して琿春で加工した木材は、北朝鮮の羅津港を経由して上海に出荷される。中国は、この羅津港を借りて、琿春から日本海に貨物を輸送する計画を進めている。朝鮮日報は「中国は2008年に1号埠頭、4号埠頭(バラ積み)、5号埠頭(コンテナ)、6号埠頭(大型貨物)の50年の使用権を獲得している」と報じている。

 中国が出資して北朝鮮に代わって港湾インフラの整備を行うのは、実は物流上の理由だけではない。中国の新浪ブログには「中国がいったん羅津港の使用権を握れば、日本海はことごとく掌握される」との声が上がっている。中国は日本海への進出を着々と進めているのだ。

 なぜ中国は日本海に進出したいのか。

 海洋政策に詳しいある日本のシンクタンクOBは「目的は北極海までのルート確保だ」と説明する。「資金を投下して羅津港を開発したのもそのためだ」

 中国が構想する「海上のシルクロード」には、現在3つのルートがある。1つは中国沿海部から南シナ海を通ってインド洋に出るルート、2つ目は南シナ海を通過して南太平洋に出るルート、3つ目は東シナ海を通って東南アジアに抜けるルートである。

 しかし2016年10月、中国のネット上で「大事なルートを見落としている」と指摘する論文が公開された。そのルートとは「日本海からオホーツク海に出るルート」だ(下の地図を参照)。

印の付いた場所が琿春。中国は琿春から日本海、オホーツク海を経由して北極海へ出るルートを確保しようとしているのか


 中国海洋大学法政学院の教授が執筆したその論文のタイトルは、「北東アジアのシルクロードを北極に向かって開拓せよ」。この論文によると、中国は北極海の豊富な埋蔵資源と欧州への物流ルートを確保する必要がある。そのため、「北東アジアの海上シルクロード」と「北極の海上シルクロード」をつなげなければならないのだという。

 また、北極海への進出は「米国の朝鮮半島や南シナ海、東南アジアへの影響力を低減させる効果がある」とし、米国の追い出しにも好都合だと示唆する。その戦略を進めるためにも琿春は重要拠点になるというのだ。

 世界が中国の南シナ海の行動に目を向けているその隙に、中国は日本海、オホーツク海、北極海への進出を進めている。日本海が中国の「一帯一路」に飲み込まれるのも、時間の問題かもしれない。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:姫田 小夏