「遊☆戯☆王」シリーズ最新作の主人公・藤木遊作 (C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

写真拡大

 高橋和希氏の漫画「遊☆戯☆王」を原作としたテレビアニメの最新作が、2017年春からテレビ東京系列で放送されることが決定し、主人公・藤木遊作(ふじきゆうさく)のビジュアルが公開された。タイトルやストーリーなどの詳細は後日発表される。

 原作は、1996年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載を開始した人気漫画。00年にトレーディングカードゲーム「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」とタイアップしたアニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の放送がスタートして以来、根強い人気を誇り、連載開始から20周年を迎えた現在も、榊遊矢の活躍を描くシリーズ第5作「遊☆戯☆王ARC-V」や、第1作をハイビジョンリマスターした「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 20thリマスター」、第1作から第4作「遊☆戯☆王ZEXAL」までの傑作選「遊☆戯☆王 20thセレクション」が放送中。また、BSジャパンの「遊☆戯☆王デュエルアワー」内では「遊☆戯☆王ARC-V」の本放送とともに「遊☆戯☆王ZEXAL」が再放送中だ。

 シリーズ第6作目となる最新作は「一歩を踏み出し、トライしよう!」をメインテーマとして掲げる。「情報過多により、実際に経験する前に諦めてしまう子どのたちに対して、自分の好きなこと、興味がある事に対して一歩を踏み出しトライして欲しい」という思いが込められており、目立つことを極端に嫌う遊作がデュエル(カードバトル) を通じてさまざまな人と出会い、一歩を踏み出してものごとに挑戦していく姿を描いていくという。

 また「遊☆戯☆王」は、スマートフォン向け対戦ゲームアプリ「遊戯王 デュエルリンクス」が配信中で、16年12月12日に600万ダウンロードを達成。17年1月中旬からは全世界での配信も決定している。