バンダイナムコは26日、人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画・開発・運営を行うHEROZとの資本業務提携を発表した。

 同社は、ゲーム事業にとどまらない新たなエンターテインメント事業の開発に取り組んでいる。HEROZは、将棋電王戦の優勝ソフト「Ponanza(ポナンザ)」の開発メンバーを擁し、機械学習等の人工知能(AI)関連技術に優れたベンチャー企業。バンダイナムコのネットワークエンターテインメント事業領域との親和性も高い。

 今回の資本業務提携を機に、バンダイナムコのゲーム事業でのプロデュース力とHEROZの人工知能(AI)技術とを掛け合わせ、これまでにない新たなエンターテインメント事業の創出を目指していくとしている。