「武蔵小山温泉 清水湯」の黄金の湯

写真拡大

 都会の喧騒にもまれながら働き、たまりにたまった1年の疲れを取るため、この年末年始はしっぽりと温泉に浸かって癒されたい――そう考えていても、「遠くまで行かなければならないとなると、面倒くさい」という人も少なくないだろう。

 だが、東京23区内にも天然温泉の露天風呂を売りにした施設は意外に多いことをご存じだろうか?

 お台場の「大江戸温泉物語」や東京ドームに併設されている「Spa LaQua(スパ ラクーア)」などはレジャースポットとして有名だが、そういったメジャーどころ以外にも天然温泉の露天風呂を備えた施設は多数あり、23区内だけでも20軒弱ある。

 そこで今回は、都内在住なら日帰りで気軽に足を運べてゆったりと癒しを得られる23区内の露天風呂付き天然温泉施設を5カ所ご紹介したい。

●1カ所で2種類の温泉を堪能できる施設も

 まずは、目黒区の「ぽかぽかランド鷹番の湯」。閑静な住宅街にある公衆浴場で、泉質は無色無臭なメタケイ酸の冷泉だ。メタケイ酸は肌の新陳代謝を促進するなどの美肌効果があり、女性からも人気が高い。

 露天風呂はもちろん、寝湯やジェットバスなど全12種類のお風呂を揃えているため、都会にいながらにして、のんびりとした至福の時間を味わえる。2015年12月からは微弱電流による心地いい刺激を楽しめる「パルスマッサージバス」も導入している。

【ぽかぽかランド鷹番の湯】
住所/東京都目黒区鷹番2-2-1
アクセス/東急東横線学芸大学駅から徒歩7分
入浴料/大人460円
営業/平日15:00〜24:30、土曜・日曜・祝日14:00〜24:30(金曜定休)
電話/03-3713-1005
ホームページ/http://www.takaban-yu.com/

 次に、品川区の「武蔵小山温泉 清水湯」だ。大正時代の1924年創業という歴史ある温泉施設で、大人460円の銭湯料金で「黒湯温泉」と「黄金の湯」という2種類の天然温泉を堪能できる。

 黒湯温泉は地下200メートルから湧き出る琥珀色の滋養したたる温泉。フミン酸、ミネラル、イオン分が豊富に含まれた高効能なモール泉で、いつまでも新鮮なミネラル成分を蓄えているのが特徴だ。重炭酸ソーダ泉という泉質で肌の軟化作用に優れており、保湿や保温の効果が期待できるという。

 黄金の湯は、黒湯温泉よりもさらに深い地下1500メートルの地層から湧き出ている。泉温38度で高張性の天然温泉はヨード成分が非常に豊富で、切り傷や擦り傷などの治療にも効果が期待できるという。

【武蔵小山温泉 清水湯】
住所/東京都品川区小山3-9-1
アクセス/東急目黒線武蔵小山駅から徒歩5分
入浴料/大人460円
営業/平日・祝日12:00〜24:00、日曜8:00〜24:00(祝日を除く月曜定休)
電話/03-3781-0575
ホームページ/http://www.shimizuyu.com/

 杉並区の「高井戸天然温泉 美しの湯」を3軒目にご紹介したい。環状八号線沿いに位置し、150台収容可能な駐車場を完備しているため、車でのアクセスが非常に便利な施設だ。

 地下1600メートルから湧き出る琥珀色のナトリウム-塩化物強塩温泉は「肌がしっとりする」と評判で、露天風呂以外にもアトラクション風呂、エステジェット、リラックスバスなど多数のお風呂を楽しむことができる。また、土曜・日曜・祝日は施設内の25メートル温水プールも水着着用で利用可能と充実しているため、家族連れにはもってこいである。

【高井戸天然温泉 美しの湯】
住所/東京都杉並区高井戸西2-3-45
アクセス/京王井の頭線高井戸駅から徒歩2分
入浴料/大人(平日)900円、大人(土曜、日曜、祝日の22:30までの入場)1200円
営業/9:30〜24:00(不定休)
電話/03-3334-0008
ホームページ/http://utsukushi-yu.com/

●“天然ひば”や日本庭園も見どころ

 足立区の「大谷田温泉 明神の湯」は木の香りを満喫しながらリラックスできる温泉だ。露天風呂の薬師の湯は「あつ湯」「ぬる湯」「寝湯」がそろっており、浴槽全部が“天然ひば”を使用して木の香りに包まれた大浴場や、日本庭園風の露天風呂の中にあるひのき風呂など、木を多用した風呂が昔ながらの日本家屋を彷彿とさせる。

 内湯の天然ひば風呂に使われている、地下1300メートルから湧く天然ナトリウム-塩化物強塩泉は、塩分と鉄分が非常に豊富で保温効果に優れており、冷え性、痔、やけど、傷といった皮膚疾患にも効能があるといわれている。また、源泉蒸し風呂、明神の力水などはマイナスイオンが豊富な磁気泉となっている。

【大谷田温泉 明神の湯】
住所/東京都足立区大谷田1-18-1
アクセス/東京メトロ千代田線北綾瀬駅から徒歩20分
入浴料/大人(平日)900円、大人(土曜、日曜、祝日)1200円
営業/10:00〜24:00(第3火曜日定休)
電話/03-5613-2683
ホームページ/http://www.myoujin-no-yu.com/

 最後は板橋区の「前野原温泉 さやの湯処」である。泉質はpH 7.4の弱アルカリ性、塩分濃度の高いナトリウム-塩化物強塩温泉で、地下1500メートルから湧き出す源泉をかけ流しで使用した露天風呂をはじめ、男女各14種ものお風呂が揃っている。

 ただし、それ以上に特筆に値するのが、古民家を再生した趣のあるお食事処と、そこから眺められる優美な日本庭園だ。館内から見渡せる枯山水の苔庭は、高名な作庭家によって和庭を再生させたもので、桜、つつじ、かえでなどが四季折々の美しい表情を見せてくれるという。

【前野原温泉 さやの湯処】
住所/東京都板橋区前野町3-41-1
アクセス/都営三田線志村坂上駅から徒歩8分
入浴料/大人(平日)870円、大人(土曜、日曜、祝日)1100円
営業/10:00〜25:00(不定休)
電話/03-5916-3826
ホームページ/https://www.sayanoyudokoro.co.jp/

 今回、露天風呂がある23区内の天然温泉施設を5カ所ご紹介したが、露天風呂がない施設を含めれば、23区内にはほかにも天然温泉施設がいくつもある。また、23区外まで足を伸ばせば、都内で天然温泉の露天風呂が楽しめる施設はさらに増える。ぜひ、年末年始は気軽に足を運んで1年の疲れを癒してほしい。
(文=昌谷大介/A4studio)