日本と中国では、「アンチエイジング・がん予防・万病に効く」と言われる、活性水素を含んだ「水素水」がますます注目を集めている。さまざまな形態に包装された水素水が日本の数多くの店舗で販売されている。資料写真。

写真拡大

日本と中国では、「アンチエイジング・がん予防・万病に効く」と言われる、活性水素を含んだ「水素水」がますます注目を集めている。さまざまな形態に包装された水素水が日本の数多くの店舗で販売されている。法制晩報が伝えた。

だが、日本でこのほど、話題の水素水は実はただの飲用水に過ぎないことが判明したと報じられた。米ハーバード公衆衛生大学院のバリー・R・ブルーム教授は、「これらの『水素を豊富に含んだ水』が人体にどのようなメリットをもたらすのかに関する科学的根拠は、今のところ見つかっていない」としている。

○「活性水素を豊富に含んだ水」が謳い文句の2種類の水、水素は未検出

日本医科大学の太田成男教授は2007年7月、医学論文誌「ネイチャー メディシン」に、水素分子の生体への効果に関する初の論文を発表、これが、水素水ブームが起こるきっかけとなった。美しさをこよなく追求する多くの女性やアンチエイジングを目指す芸能人がこぞって、水素水を「美と若さの特効薬」であると崇拝した。一部の業者にとって、水素水は「売れる商品」だと注目され、その効果を大々的に宣伝し続け、独居高齢者に言葉巧みに言い寄り、水素水が自宅で生成できる高価な水素水生成器を売りつけようとした。

国民生活センターがこのほど発表した調査結果によると、水素水に関する問い合わせは2011年から増加の一途をたどっている。同センターは、今年の9月から11月まで、市場に流通している容器入り水素水10銘柄と水素水生成器9銘柄に対する調査を実施、メーカーと販売会社に対してもアンケート調査を行った。その結果、「高濃度の水素水を含む」と謳われた容器入り水素水10銘柄のうち、2銘柄からは活性水素が検出されなかった。また、3銘柄の溶存水素濃度の測定値は表示値より低かった。

同センターによると、一部の水素水は「アンチエイジング」「血液浄化」などの効能を謳っているが、これは特定保健用食品(トクホ)関連法に抵触している恐れがあり、違法な誇大宣伝の可能性がある。今回の調査結果に基づき、厚生労働省医薬・生活衛生局に対し、水素水の生産・販売事業者に対する監査を強化するよう求めた。

○専門家「水素水の効果を実証する研究データは現時点で存在しない」

実際、水素水の驚異的な効能の有無をめぐり、日本の学術界では論争が繰り返されてきた。法政大学の教授は今年6月、「人体そのものが大量の水素を生成することができる。本体、水素水で補充する必要などない。活性水素などほとんど含まない水素水を摂取することで、人体に実際どれだけ吸収されるかについても、はなはだ疑問である」と、水素水に対して否定的な見解を示した。

6月10日に国立健康・栄養研究所公式サイトのトップページで公表された調査結果によると、水素水は活性酸素の除去、がん予防、ダイエットに効果があると言われているが、現時点ではこの主張を裏付ける研究データは存在しないという。

○数千元の水素水が中国で大ヒット

長期にわたり代理購入の仕事を行っている在日中国人の李さんは、「今年、携帯型水素水生成器が日本で大ブームとなり、それによる利益もかなりのものになった。このような状況から、多くの代理購入事業者がこの商品を取り扱うようになった」と話した。

携帯型水素水生成器の価格はだいたい数千元だが、代理購入手数料の割合から言えば比較的もうけが多い。また、この商品は若者からお年寄りまで購入層が広く、飲用水という商品そのものに誰もが関心を寄せているため、携帯型水素水生成器の製品需要が極めて大きいことは間違いない。

携帯型水素水生成器の長所については、各代理購入事業者が列挙できるだろう。一方、製品に対する疑いの声についても、彼らは十分承知しているかもしれない。だが、より多くの商品を代理購入する、あるいは自分の在庫を消化するために、あらゆる代理購入事業者が一方的かつ誇張したやり方で宣伝を行っている。代理購入商品の多くには、実際に弊害もあるが、現在膨れ上がった代理購入事業者たちは、良い点だけをアピールしているため、この種の商品が中国で大ヒットする現象が起こった。(提供/人民網日本語版・編集/KM)