寒くても、あえて外。冬こそベランピングが楽しい理由

写真拡大

ベランダでアウトドアをするように楽しむ「ベランピング」。夏にはバーベキューをしたり花火を見ながらお酒を飲んだりしましたが、冬には冬の楽しみかたもあるのです。今回は寒い季節ならではのベランピングアイデアをご紹介します。
空気のきれいな冬こそ輝くイルミネーション

Keithさん(@nosurf_nosurf)が投稿した写真 - 2016 11月 26 1:08午前 PST

イルミネーションといえばやはり冬。寒いからこそ空気が澄んでいて、うつくしいベランピングタイムを過ごすことができます。大がかりな飾りつけをしなくても、コード状の豆電球ライトを1本横に飾るだけでおしゃれな雰囲気が生まれます。ムードある空気をつくりだすなら、冬の夜がおすすめです。
かわいいあったかグッズで心までほっこり

Tomoaki.Kさん(@tomobabu)が投稿した写真 - 2016 11月 29 8:57午後 PST

ふわもこであたたかいブランケットにお気に入りのタンブラー。どちらも冬のお供にピッタリのアイテムです。休日の晴れた日、寒さのなかにもあるひだまりのあたたかさ。お気に入りのアイテムと一緒に過ごす時間は冬の楽しみともなります。このアイテム以外でも、寒い季節にこそ使いたいものを取り入れてみても。
テントを使ってかまくら気分に

Kenさん(@____kens)が投稿した写真 - 2016 12月 15 8:33午後 PST

夏は日よけに屋根をつけたりパラソルを開いたりしていましたが、冬のベランピングに最適なのはテント。風や寒さよけにもなりますし、中で灯りをともせばまるでかまくら気分を楽しむこともできます。狭い空間で過ごすベランピングタイムは家族や友人との絆も深まること間違いなし。ただし火の取り扱いには十分気をつけましょう。
冬ならではの楽しみ方がいっぱいのベランピング。寒いからといって無理だと思わずに、たまには冒険してみるのも楽しそうです。
image via Shutterstock